かくれ脱水JOURNALは熱中症、脱水症対策の最新情報をお届けする情報サイトです

教えて!「かくれ脱水」委員会について

STOP熱中症

熱中症は、暑い環境下で体の脱水状態が進んだかたちで起こります。しかし、症状が出るまで気づきにくいのが脱水の怖さです。深刻な脱水状態の一歩手前を「かくれ脱水」と名づけ、「かくれ脱水」に対する正しい知識と予防方法・対処方法を広く伝えていくことを目的にした、教えて!「かくれ脱水」委員会。委員会のメンバーには、医療や福祉の専門家が集結しています。私たちは、深刻な脱水状態を防ぐことで、熱中症で搬送される人をゼロにしたい。

脱水症は「脱塩水症」。熱中症は「熱あたり」です。

教えて! 「かくれ脱水」委員会の委員長・服部益治先生は、
早くから臨床の現場で経口補水療法を進められています。
小児科医の立場を超えて、脱水症の正しい理解とその対策を語っていただきました。

近年のわたしたちは、地球温暖化や異常気象の影響や都市部でのヒートアイランド現象に加え、節電問題など、脱水症や熱中症になりやすい環境での生活を強いられています。高温の屋外ばかりでなく、高温で除湿しない無風の室内での生活は、体内の調節機能を破綻させ、熱中症というより体内にこもった熱にあたる「熱あたり(熱中り)」状況を作る条件が整っているわけです。当然高齢者の脱水症は増えますし、小児科の立場から言うと赤ちゃんには厳しい生活環境ですから、どう早めの対策をとって安心を確保していくかが大変に重要な時代です。

わたしはよく脱水症というのは人間の中にある海の水が干上がることだ、と話します。失うのは「水分」と「塩分」などの電解質ですので、脱水症ではなく『脱塩水症』だと思うとわかりやすい。人間は恒温動物ですから、体温を一定に保って生命を維持しています。そのために人間は体液調節と体温調節の機能をカラダに持っています。そのコントロールが破綻すると高体温になって1次的には脳が変調をきたしてカラダに様々な信号を発するし、2次的には脱水症を引き起こします。人間の体液である海が干上がっているのが脱水症=脱塩水症ですから、その初期の対応には水と、塩分を体内に効率よく吸収させる働きを持つ適度のブドウ糖とが、バランスよく配合された経口補水液がとても効果的です。

小児科では近年保護者の認識はアップしてきましたが、今回は高齢者を中心により多くの世代の人たちへ、今の時代の要因が生んでいる脱水症や熱中症の正しい知識や、この時代に生きるための予防法を広げていくことが必要だと思い、この啓発活動をお手伝いすることにしました。

服部益治先生

服部益治(はっとり・ますじ)
兵庫医科大学小児科学教授 医学博士

日本小児科学会 (専門医)、日本小児保健協会(理事)、日本腎臓学会 (指導医・専門医)、兵庫県小児科医会 (理事)、日本夜尿症学会(常任理事)、日本小児科連絡協議会「自動車乗車中の子どもの安全推進合同委員会」(委員長)など。著書に、『腎・泌尿器疾患診療マニュアル(共著)』(日本医師会)、『腎臓病の食事指導ハンドブック(共著)』(南江堂)、『保健医療ソーシャルワーク実践(共著)』(中央法規出版)、『子どもの臨床検査-脱水(共著)』(診断と治療社)など

脱水症はもっとも予防効果が高い病気です。

教えて!「かくれ脱水」委員会の副委員長である谷口英喜先生は、
脱水症などに対する経口補水療法と体液管理がご専門。
ご専門の立場から脱水症について語っていただきました。

多くの疾病の対策では、治療技術の進歩に加えて予防医学の重要性が見直されるようになっています。予防医学が進んでも、がんや糖尿病などの病気の発生をゼロにすることはできませんが、脱水症は予防が可能です。いわば、もっとも予防効果が高い病気で、その気になれば、大幅に発生が抑えられる病気です。

かつて高齢者介護施設では、入所者のおよそ30%が顕在的な脱水症であるという報告もありましたが、近年では医療従事者が脱水症のケアに目を向けて予防に励んだ結果、施設によっては顕在的な脱水症を10%未満に抑えられるようになりました。

現代の日本は都市化や一人暮らしの増加、高齢化社会の進展などにより、脱水症や熱中症を招きやすい状況です。そして大半の病気は脱水症を招く可能性があります。今後は医療従事者だけではなく、より多くの方々に脱水症と熱中症に関する知識を広げる啓蒙活動に力を入れたいと思っています。

谷口英喜先生

谷口英喜(たにぐち・ひでき)
済生会横浜市東部病院 周術期支援センター長 兼 栄養部部長

専門は麻酔・集中治療、経口補水療法、体液管理、臨床栄養、周術期体液・栄養管理など。日本麻酔学会指導医、日本集中治療医学会専門医、日本救急医学会専門医、TNT-Dメディカルアドバイザー。1991年、福島県立医科大学医学部卒業。学位論文は「経口補水療法を応用した術前体液管理に関する研究」。
著書「熱中症・脱水症に役立つ 経口補水療法ハンドブック 改訂版」
『イラストでやさしく解説!「脱水症」と「経口補水液」のすべてがわかる本』
ブログ「谷口ゼミ通信」

もっと在宅の立場から、脱水を考えることが必要です。

看護の立場から、委員会に参加してくださった秋山先生。
とにかく早めの発見と経口補水液によるケアが、
脱水状態に傾きやすい高齢者を守ります、と語ってくださいました。

わたしは、在宅療養をしている方のところへ訪問して看護を届ける仕事を20年以上やっています。その中でわかってきたことは、十分な介護を得られない方が、より重度の症状になるときには、きっかけが脱水であることが多いという経験です。症状の重度化を防ぐことを目的に、早くから「かくれ脱水」を防ぎ、また脱水状態に早めに対応することを呼びかけ指導してきました。

要介護の人でなくとも、高齢者は脱水に傾きやすくなっています。高齢になると口渇中枢の機能が下がり、口乾感があまりしなくなってきますから、水分をあまり摂ろうと思わなくなる。いつも「かくれ脱水」に近い状態になっているということです。また、暑い日だけではなく気温の変化が激しいときにも、高齢になるとカラダがそれについていきません。体温調節の機能が低下している人は汗をあまりかきませんから、暑い日でも、例えば列車内のエアコンの冷えを考えて、つい厚着になります。『暮らしの保健室』へ訪ねてこられる人で厚着だな、と思う人の首筋を触ると、少ししっとりしていたりします。そんな人の手の甲をつまむと、いわゆる「富士山」ができて、少しの間そのままでもとに戻らない。これは、ちょっとした外出でも脱水状態が進行しているということ。そういうときに経口補水液を説明し、飲んでいただくようにしてきました。

『暮らしの保健室』のある新宿区の戸山団地には、3000戸、約6000人が暮らしていますが、その48%が65歳以上の高齢者層で、うち半分が一人暮らしです。高齢者が一人暮らしになると、自分のために食事を作るだけですから、人に喜んでもらうという作る喜びが少なくなり、何を食べたか忘れるほどに食事の楽しみが減ってきます。ただでさえ高齢化に従って体液が減少しているのに加え、全体に食事が減って、食事から水分や栄養素が摂れない。「かくれ脱水」と低栄養が同時に起こることになるわけです。外的には地球温暖化やヒートアイランドなどの環境の変化は、とくに昼間の太陽熱を蓄えてしまう団地やマンションに暮らすお年寄りにとって、年々暮らしにくくなっていると思います。でも、ちょっとした脱水への気づきがあり、気になるときには経口補水液を摂取することで、「かくれ脱水」から脱水症への進行を予防することができます。わたしは、繰り返し、繰り返し、高齢の方々へ伝えていきたいと思っています。

秋山正子先生

秋山正子(あきやま・まさこ)
株式会社 ケアーズ 代表取締役
白十字訪問看護ステーション
統括所長 「暮らしの保健室」室長

東京都新宿区を中心に訪問看護、居宅介護支援、訪問介護事業を展開。2011年7月65歳以上が46%を占める新宿区内の「戸山ハイツ(約5800人在住)」の空き店舗に開設した「暮らしの保健室」では「学校の保健室のように、気軽に立ち寄れる空間」で“相談する主体性”を見守り、寄り添う活動を続けている。「NPO法人白十字在宅ボランティアの会」理事長、「30年後の医療の姿を考える会」会長、厚生労働省「チーム医療の推進に関する検討会」委員、新宿区介護サービス事業者協議会副会長、地域看護業務連絡会委員ほか。著書に、『在宅ケアの不思議な力』(医学書院)、『在宅ケアのつながる力』(医学書院)、『家で死ぬこと、考えたことありますか?』(保健同人社)ほか

山に登る人は、多かれ少なかれ「かくれ脱水」になります。

山という環境では、平地とは異なる山岳医療が求められます。
山岳医療に詳しい英国国際山岳医の大城和恵先生に、
山岳医療と脱水症の関わりについてお話を伺いました。

私は山岳医療を専門にしています。山という特殊な環境ではカラダにさまざまな生理的な変化が生じ、特有の病気やケガが起こります。これらをいかに予防し、病院から遠く、使用できる機器も限られている山という場所で、どう対処するかを考えるのが、山岳医療の役割です。
山では、高山病、心筋梗塞、低体温症、そして熱中症といろいろな病気が起こりますが、その背景には脱水があります。たとえば、高山病の症状の人に脱水のケアをすると良くなることがあります。高山病と脱水の関係にはまだ不明な点もあるのですが、脱水があると高山病は悪化しやすいとされています。また、脱水で血液循環が悪くなると、低体温症が悪化しやすくなります。

山に登る人は多かれ少なかれ「かくれ脱水」になると自覚した方が良いと思います。なぜなら、山に登って息が荒くなると呼気から水分が失われやすくなりますし、運動量が大きく発汗量が増えてくるからです。本格的な登山以外でも、トレッキングや里山歩き、トレイルランニングといった山のレジャーでも同じように脱水は起こります。山に足を踏み入れる一人ひとりが、山という環境を知り、脱水の予防と対処法を知ることが大切です。

夏になると中高年の脱水による山岳事故が毎年のように起こっています。登山経験が豊富な中高年はつい「自分は大丈夫、経験がある」と思うこともあるでしょう。しかし若い頃は平気でも、歳を重ねて渇きに対するセンサーが鈍ってくると、知らない間に「かくれ脱水」から本当の脱水症になるリスクが高くなります。
登山者に脱水症の知識が不足している一因には、私たちのような山岳医療の専門家からの情報提供が十分ではなかったこともあります。今後はこの委員会での活動を通して、脱水症と熱中症に関してより積極的に情報発信をしていきたいと思います。

大城和恵先生

大城和恵(おおしろ・かずえ)
心臓血管センター北海道大野病院・附属駅前クリニック 医学博士

2010年9月 国際山岳医 UK Diploma in Mountain Medicine(UIAA(国際山岳連盟)/ICAR(国際山岳救助協会)/ISMM(国際登山医学会)認定)日本人初の資格取得。 同年 5月 日本登山医学会認定山岳医研修会実行委員兼講師に就任。 同年12月 心臓血管センター北海道大野病院・附属駅前クリニックにて登山者外来開始。 2011年北海道警察山岳救助アドバイザー医師に就任。
ほかに、 Wilderness Medical Societymember、日本登山医学会評議委員、日本登山医学会認定山岳医判定委員、日本登山医学会First Aid in Mountain Rescue 委員長、日本循環器学会認定内科専門医、日本内科学会認定内科専門医、日本リウマチ学会認定専門、日本心臓リハビリテーション学会認定指導士、日本医師会認定産業医
山岳医療情報

まだまだ認知率が低い経口補水液。「冬脱水」は自宅でケアを。

「冬脱水SOS」としての冬の脱水啓発に参加いただいた十河先生。
小児のノロ、ロタウィルスなどへの対策のためにも、
経口補水療法を広めていきたいと語られました。

小児救急外来を受診する患児の8~9割が軽症での受診です。子供たちにとっての「冬脱水」問題であるノロ、ロタウイルスのケースも同じです。冬に救急外来を受診する子供には、経口補水液の知識があれば自宅で治療が可能な子供が多い。ウイルス感染による下痢や嘔吐で引き起こされる脱水症状は、中程度までは経口補水療法の知識があれば自宅で治癒が可能です。乳児では脱水になりやすく、進行も非常に早いのですが、経口補水療法の知識があれば、自宅で早期の対応が出来ます。水分が足りなくなると、まずは、おしっこの量が減ってきます(軽度)。さらに脱水が進むと、泣いても涙がでない、口が渇いてネバネバする、皮膚が渇いて張りがなくなるなどのサインがあるときは中等度で、水分と電解質が失われている証拠です。慌てず、経口補水液をスプーン一杯から飲ませてケアを始めてください。ゼリータイプの方が飲ませやすいと思います。

いま、できるだけお母さんたちを集めて経口補水液に関して話す機会を作ったり、講演をすることを心がけています。しかし、まだまだ浸透していないと感じています。育児書を読んでいても経口補水液のことが書かれている本が少なく、なかには「吐いたら飲ませるな」、というものもあります。

脱水症状への対処法として、エビデンスのある経口補水療法を親御さんたちに伝えて、低ナトリウム血症などを起こさない本当に正しい補水の仕方や知識を、広めていきたいと考えています。

十河剛先生

十河剛(そごう・つよし)
済生会横浜市東部病院
小児肝臓消化器科 副部長 医学博士

1970年 東京生まれ。1995年 防衛医科大学校医学科卒。段躰道七段教士。合気道二段剣道二段。日本小児科学会認定小児科専門医。日本肝臓学会認定肝臓専門医。日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡専門医。自宅敷地内に道場建設し、Sogo Budo Academy International設立。現在、子供達や学生達への指導を続けている。

経口補水液は、在宅訪問診療の強力な武器です。

在宅訪問診療のスペシャリストである髙瀬先生。
経口補水液による脱水予防の重要性にいち早く注目した先生は、
患者さんの自宅に経口補水液を常備してもらう活動を続けています。

私は在宅訪問診療を中心とした診療所を開いています。在宅訪問診療とは、寝たきりなどの理由により、病院に通って通常の医療が受けられない「通院困難者」を訪問して診療するものです。現在では8人ほどの医師で、東京都大田区を中心に330人ほどの患者さんを診ています。訪問は月2回が原則ですが、緊急時には24時間365日対応しています。

在宅訪問診療は、2000年の介護保険制度の開始とほぼ同時に国の取り組みとして実質的に始まりましたが、私は麻酔科や小児科などでキャリアを積みながら在宅訪問診療に興味を持っていました。アメリカには、一人のドクターが内科、小児科、精神科、さらにはちょっとした外科や産婦人科までこなし、一人5役で家族をまるごと診る「家庭医学」があります。この本場アメリカで夏期研修をした経験があったからです。家庭医学(家族療法)はアメリカやオーストラリアのように国土が広大で、複数の専門医の診療が仰げないという事情が生んだシステムですが、家庭や家族を治療空間として捉え、その分析を統合し、診療に活かす重要性を私に教えてくれていたのです。さらに「家族療法」というシステム心理学的アプローチを加えると、大変有用となる可能性を感じました。

ところで、在宅訪問診療の現場で、家庭や家族といった治療空間を安定させるもっとも強力なツールになってくれるのが経口補水液と言えます。なぜなら通院困難者は、多かれ少なかれ脱水を起こしやすい脱水弱者に他ならないからです。在宅訪問診療では点滴するのも大変ですし、針を刺されるのが好きな患者さんはいません。「飲む点滴」である経口補水液ならより手軽に脱水が予防できます。

私たちが在宅訪問診療でいちばん困っているのは、幻覚や意識障害などを伴う「せん妄」です。いったん「せん妄」が起こると本人のつらさがつのるだけでなく介護者や医療スタッフの負担が増えますし、救急車を呼んで医療機関に運んで診なくてはならないケースも少なくありません。それは介護者や医療スタッフの生活の質=QOL(クオリティ・オブ・ライフ)を下げるだけではなく、医療費などをはじめ介護費、救急搬送費を含めて見えない社会的コストの増加にもつながります。また、「せん妄」をたびたび繰り返すと認知機能が下がり、認知症が悪化し、寝たきりになりやすくなります。そうなると当然個人のQOLも低くなります。同時にますます介護者や医療スタッフの負担と社会的コストがかさみます。その「せん妄」の大きな原因の一つが脱水。経口補水液で「かくれ脱水」を防ぐことは本人のみならず介護者や医療スタッフのQOLを上げ、社会的コストの削減にもつながるのです。

通院困難者は経口補水液を常備し、万一「かくれ脱水」のサインが出たらすぐに経口補水液を飲む。そんな環境が全国的に整うまで、これからも積極的に情報を発信していきたいと思います。

髙瀬義昌先生

髙瀬義昌(たかせ・よしまさ)
医療法人社団 至髙会 たかせクリニック理事長 医学博士

包括的医療・日本風の家庭医学・家族療法を模索し、民間病院小児科部長、民間病院院長などを経て、2004年東京都大田区に在宅を中心とした医院を開業。認知症などの画像解析、社会ソリューションを学ぶため東京医科大学茨城医療センターで週1回外来診療をおこなっている。特定公益増進法人 日米医学医療交流財団 常務理事、学校法人国際医療福祉大学 メディカルスーパーバイザー、医療法人社団プラタナス 用賀アーバンクリニック・松原アーバンクリニック 顧問、ITヘルスケア学会 常任理事、杉浦地域医療振興財団 理事など。著書に、『医療を変えるのは誰か?—複雑系で解く21世紀の医療』(はる書房刊)、『ぜんそくなんかふきとばせ!』『おねしょまじんをやっつけろ!』(佼成出版社刊)、『ブレイブのぜんそくってなんだろう』(つくば総合研究所刊)ほか。
たかせクリニック

医療環境の改善のためにも、経口補水療法を家庭に。

靍知光先生は小児外科がご専門。
特に小児を持つご家庭での経口補水療法の必要性を、
ご専門の研究を交えて語ってくださいました。

私は小児外科医ですから、先天性の疾患を持つ子供さん達を、手術をして治すという分野が専門です。ただし、小児の脱水症状やその対策については、脱水状態とそれに対する経口補水療法などを14、5年にわたって研究してきました。
実は小児の脱水というのは、けっこう進行していてもなかなか一般的な血液データに出てこないということがわかってきました。
私の専門である小児外科では、例えば昼からの手術の場合、朝から手術を始める少し前まで(約4〜5時間)絶飲食で手術に備えるのが一般的でした。しかし、たかだかこの数時間で、子供達の脱水状態が進行していることが分かりましたし、それが乳幼児であれば重大な合併症に繋がる危険性も明らかになってきました。
教えて!「かくれ脱水」委員会の副委員長である谷口先生など麻酔科学会の先生方のご尽力で、やっと我が国でも2012年7月に2時間前までは水分(経口補水液など)を飲ませても良いというガイドラインが公表されました。現在、我々もそれに従い、手術2時間前まで経口補水液などを飲ませています。そこで血液や尿のデータを以前の絶飲食4〜5時間の子供達と比較分析すると、一般血液検査では差がないのに、血中ケトン体や尿比重、腎の血流量などの特殊検査では、この2時間程度の差で大きく違うことが分かってきました。つまり、一般の小児では、夏の日中の暑い盛りや、冬の風邪などをひいた状態(発熱や下痢、嘔吐などの症状が出た状態)であれば、思っているよりも脱水は進行しており、どのような体調の急変があってもおかしくないということが分かってきたわけです。

私の勤務する聖マリア病院は福岡県南部地域の基幹病院ですが、ここには一年間で3万人以上の小児の救急患者が、来院したり救急搬送されて来ます。それを数が限られた小児科の先生たちで診察しています。もはや限界状態ですが、この10年程この状態は改善されていませんし、当院だけではなく日本中同じような状態でしょう。来院される患児の多くは脱水状態を起こすような疾患がほとんどですから、夜中でも明け方でも、まず点滴となりますし、親御さん達もそれを望まれるようです。
しかし、できれば軽い、中程度くらいの脱水症状などはORT(経口補水療法)で改善できないだろうか?そうすれば、医療従事者も、患児を連れてくる保護者も、なにより患者自身も、注射針による痛い思いをしなくていいし、皆の時間の節約にもなる。医師は次に待っている患児の診察にスムーズに移れる。現在の状況を徐々に変えていきたい。医師も患児も保護者も含めた医療環境を、簡便に、楽に、でも正しい知識と製品で変えていくことができないのかという思いを抱きながらこの10数年研究を続けてきました。

小児を持つ保護者の方は、何となくグッタリしている、元気がない、いつものように泣かない、などのシンプルな兆候に注意して普段から気を使うこと、いつも元気(activity)のあるなしを意識することが重要です。そして、少しの熱でも、ちょっとおかしいなと思ったときには、水分と電解質を含んだ経口補水液をすぐに飲ませて脱水状態を改善する。お母さんが、塩と砂糖で簡易な経口補水液をつくることなどを知識として知っておき、ちょっとでも子供が変だと感じたら摂取させるということを習慣にして欲しい。それが子供の脱水の予防につながり、夜中に心配して病院に駆け込むのを防ぐことになります。
子供は、必ず脱水状態になることがあると思っていい。大人より簡単に脱水になるようにできています。できれば、経口補水液を家庭に常備しておく。私は、そうした家庭環境を作っていくことを広めていくことが必要だと思っています。

靍知光先生

靍知光(つる・ともみつ)
雪の聖母会聖マリア病院 臨床・教育・研究本部長

現在、日本外科学会 専門医・指導医、日本小児外科学会 専門医・指導医、日本静脈経腸栄養学会 認定医・指導医。他に日本外科代謝栄養学会評議員、日本腹部救急医学会評議員・編集委員、日本小児救急医学会評議員・ガイドライン委員、日本外科感染症学会評議員、日本機能水学会理事などを務める。専門(研究)分野は、小児・新生児外科、周術期代謝栄養学、経口補水療法(ORT)の臨床応用、小児胸腹部外傷の治療。著書に『新臨床外科学-小児悪性腫瘍(共著)』(医学書院)、『小児救急のストラテジー(共著)』(へるす出版)、『経腸栄養バイブル-小児(共著)』(日本医事新報社)など

熱中症では初動の処置が大切です。

教えて!「かくれ脱水」委員会の委員を務める三宅康史先生は、日本救急医学会の
「熱中症に関する委員会」の委員長でもあります。救急医学のスペシャリストの立場から、
脱水症、熱中症対策のポイントについてお話をうかがいました。

脱水症は風邪などの感染症、下痢、食中毒などでも起こります。それに夏場の高温多湿、大量の発汗を伴うスポーツや労働といった条件が重なると、熱中症が起こります。

脱水症で救命救急センターに運ばれてくる人の多くは「かくれ脱水」ではなく「明らか脱水」。数日にわたって脱水症が続いて重症化し、栄養不足や免疫力の低下が起こり、肺炎などの感染症や呼吸不全などが合併した状態になっているケースも少なくありません。熱中症になり、救急車で運ばれて急性心不全などで亡くなる場合、大半は初日か2日後。一方で回復される方の多くが翌日には元気になって退院されますから、初動の処置が大切です。
症状の軽い患者さんを重症扱いすることを“オーバートリアージ”と言いますが、熱中症は初動が生死を分けるので、ある程度のオーバートリアージは仕方ないと思います。熱中症が多発するのは6月から9月にかけて。なかでも重症化しやすいのは7月と8月の2か月のみですから、年中熱中症のオーバートリアージで救急車が出動しているわけではありません。

高齢者や病気の人など熱中症になりやすい“熱中症弱者”は周囲の人がきちんと見守り、意識がはっきりせず、カラダを冷やしたり、水分補給を行ったりしても回復しないときは、速やかに病院に搬送してください。

三宅康史先生

三宅康史(みやけ・やすふみ)
昭和大学医学部救急医学講座教授
昭和大学病院救命救急センター長
医学博士

専門は救急医学。日本救急医学会評議員・指導医、熱中症に関する委員会委員長、脳死・臓器組織移植に関する委員会、東京消防庁救急隊指導医などを務める。編著に『ICUエキスパートノート』(中外医学社)、『改訂第2版 ICUQ&A』(羊土社)などがある。1985年、東京医科歯科大学医学部医学科卒業。

労働の現場は、室内も室外も熱中症対策の最前線。

山田琢之先生は産業保健がご専門。
労働の現場をよく知る立場から、職場における熱中症や脱水症について、
その予防と対策の必要性を熱く語ってくださいます。

産業保健分野においては、現在では多くの企業が、職場の衛生管理者や保健師などの産業看護スタッフ等を通じて、さまざまな熱中症への対策をおこなっています。私は、産業医として新しい作業現場は必ず訪ねます。そうすると、さまざまなことがわかります。

たとえば、現場にエアコンが付いていても、外と内を頻繁に行き来するような場所では、カラダが脱水しやすくなります。また、外の作業で、西日が当たる現場では、午前中の作業を優先させる作業工程をつくる指導もします。労働現場環境や作業条件の改善も重要な脱水対策だからです。 ただ、残念ながら中小の建設現場や交通誘導の場などでは、まだまだ、ある程度の暑さなら我慢して作業することが習慣化していたり、健康チェックをしないままで作業をしたりすることも多いようです。労働者の熱中症搬送の多くは、そうした現場からのものなのです。

労働者が熱中症予防のために職場で出来ることとして、まず朝食を通じて基礎塩分をちゃんと摂ってください。また、職場環境においては「暑さ指数」を作業の目安とし、自覚症状に関係なく、喉が渇いたら水分補給をしてください。管理監督者もそれを心がけてください。水分補給をしているのはサボっているのではないのです。そして、外や暑い場所での作業で汗をたっぷりかいたらOS-1などの経口補水液を飲むことです。 最近では、作業現場にクーラーボックスを設置し、中に水と経口補水液を冷やしている会社が増えています。こうした労働環境でのこまやかな脱水対策が、命に関わる熱中症への進行を防いでくれます。

山田琢之先生

山田琢之(やまだ・たくじ)
愛知医科大学客員教授
なごや労働衛生コンサルタント事務所長
エスエル医療グループ栄内科院長

名古屋市職員健康管理センター所長、名古屋市役所産業医、愛知医科大学産業保健科学センター助教授などを歴任し、現在は愛知医科大学客員教授、なごや労働衛生コンサルタント事務所長、エスエル医療グループ栄内科院長を務める。医学博士、労働衛生コンサルタント(保健衛生・厚生労働省)、日本産業衛生学会指導医、日本医師会認定産業医。共著に平成25年4月発刊の「産業保健マニュアル」(南山堂:共著)などがある。

協力企業団体ロゴをクリックすると、協力企業・団体のメッセージが表示されます

大塚製薬工場は、輸液のリーディングカンパニーとして、臨床栄養の領域において患者・医療従事者様のベストパートナーでありたいと考えています。

2010年の猛暑下において、約5万4000人の方が熱中症で搬送される事態となりました。熱中症は、体の脱水状態と高体温による臓器障害の総称です。脱水状態の治療には輸液(点滴)が用いられるのが通例ですが、最近では軽度から中等度の脱水状態に対しては、飲んで脱水状態を改善する経口補水療法を取り入れる医療機関も増えてきています。脱水状態は早めに対処することで重症化を防ぐことが可能です。私たちは、脱水状態を深刻化させないという、教えて!「かくれ脱水」委員会の趣旨に賛同し、委員会への協力を決めました。

ゴールドウインは、The North Faceなどの各種スポーツウエア・関連商品を取り扱うスポーツ用品メーカーです。トップアスリートから、すべてのスポーツを愛する方々の毎日をサポートしスポーツのある暮らしを通じて、心と身体の健康を提供いたします。

ゴールドウインでは登山用ウエア、マリンウエア、などのアウトドアウエア・用品や、テニスウエア、フィットネスウエアなどのスポーツウエアおよび関連商品を取り扱っており、様々なスポーツを通じて皆様の毎日をサポートしています。どのスポーツにおいても正しい給水の知識を持つことは必要不可欠であり、脱水の危険性を理解しておくことが重要です。ゴールドウインはスポーツを愛する多くの方に心身の健康を保っていただくため、教えて!「かくれ脱水」委員会のサポートに努めて参ります。

スリーエム ジャパンは、カーフィルムを通じて効果的な熱中症対策に取り組んでいます。

夏の車内や住宅の室内は温度が上がりやすく、熱中症が懸念されます。暑さの原因は太陽光の「赤外線」です。 「3M™ スコッチティント™ オートフィルム 高透明シリーズ ピュアカット89PLUS」は、車内の温度上昇の原因となる赤外線を76%カットできる、熱中症対策としても有効なフィルムです。また、住宅でもフィルムを貼ることで同じような効果を得られます。窓から入る明るさはほとんど変わりないままに暑さをカットできるので、熱中症対策はもとより、エアコンの効きがよくなり省エネにも効果的です。スリーエムジャパンは、教えて!「かくれ脱水」委員会の活動を通じて、熱中症対策の一環として正しい「赤外線対策」を提案します。

東京西川(西川産業)は、暑くて寝苦しい夜に冷房に頼りすぎずに快適な睡眠をサポートする触ったときひんやり感が得られる冷感素材を採用した「COOL TOUCH」を展開しています。

今年の夏も電力供給不足の心配から、個人や家庭での節電意識が高まり、冷房の温度をいつもより高く設定することによる寝室の温度上昇で、暑くて寝苦しい夜を過ごす方が多くなることが予想されます。西川産業は、寝室の温度上昇によって起こる熱中症への対策として教えて!「かくれ脱水」委員会の活動を通じて、 冷房だけでなく、寝具によって快適な睡眠をサポートする 具体的な対策の認知拡大に努めて参ります。

日本アロハ協会は、ハワイアン音楽・フラ団体のリーダーとして、
イベントなどを通じ、国内外でフラの理解促進に努めています。

特に日本におけるフラの普及は目覚ましく、リラックスしながら健康を保つことのできるエクササイズとしても人気です。優雅に観る人を魅了するフラですが、室内で踊る機会が多いこともあり、こまめな水分補給を必要とします。日本アロハ協会は、ひとりでも多くのフラダンサーが正しい冬の脱水対策の知識を持ち、健康で楽しくフラを踊れるようにサポートして参ります。

日医ジョガーズは、ランニングドクターとしてマラソン大会に参加しながら水分補給をはじめとする医療支援を行っています。

昨今、空前のマラソンブームです。マラソン大会の参加者も増えると同時に、十分な給水を怠り、いつの間にか脱水状態になっているいわゆる「かくれ脱水」のランナーも増えています。日医ジョガーズでは、このようなランナーに、経口補水液を用いて対処することにより脱水状態からの改善をはかっています。多くのランナーが、正しい水分補給の知識を持って安全に走れるよう、医療支援を行っています。

トレッキングは、自然とふれあいながら、楽しく自らの心身を健やかに保つことのできるアクティビティです。

昨今、トレッキングは若者からシニアまで幅広い層に支持されています。日本トレッキング協会では、安心で安全なトレッキングを行っていただくために、正しい知識と技術の指導を行っています。トレッキングでは、汗をかいているにもかかわらず、トイレの不安や長時間山道を歩き続けることに集中して、水分を取らずにいることで脱水症を引き起こす場合があります。山の中で脱水症にならないためにも、正しい水分補給の知識は必要不可欠です。日本トレッキング協会は、質の高い自己健康管理を訴求するため、教えて!「かくれ脱水」委員会の活動を通じて、脱水症に対する知識や対策の理解促進に努めて参ります。

日本ライフセービング協会(JLA)は、国際ライフセービング連盟(ILS)の日本代表機関として水の事故ゼロを目指し、全国へライフセービングの普及啓発と実践をしております。

WHOの発表によると年間、372,000人、約85秒に一人の生命が世界のどこかで水の事故によって失われています。ライフセービングは、これらの悲しい水辺の事故から人の命を守り、救う活動です。 炎天下の海水浴場では、熱中症による応急手当や救急搬送が増加する中、ライフセーバーによって、こまめな水分補給や日陰での休息等を海水浴客に呼びかけ、「自分の身は自分で守る」ということを念頭に傷病の予防にも努めています。また、過酷なパトロールを実践しているライフセーバーにとって自身の日々のコンディショニングは欠かせません。人命を守り、救うためには、先ずは自分自身の健康を整え、体力を維持、向上させるための効果的な水分補給を心掛けています。JLAは「かくれ脱水」委員会の趣旨に賛同させていただき、人命を守ることへサポートを続けて参ります。

さまざまな地域での活動