私たちは、深刻な脱水状態を防ぐことで熱中症で搬送される人をゼロにしたい。

STOP 熱中症

かくれ脱水JOURNAL

  • シェア
  • ツイート
  • TOPICS


    埼玉県志木市の介護予防活動「いろはカッピー体操」で、かくれ脱水チェックシートが紹介されました。



    2014年6月13日(金)、埼玉県志木市の総合福祉センターにおいて、同市高齢者ふれあい課と社会福祉協議会主催の楽しいイベント「いろはカッピー体操」が、志木市在住のお元気な高齢者50名の参加で開催されました。

    shigishi_01

    「いろはカッピー体操」とは、河童伝説が残る同市のオリジナルキャラクターであるカッパ「いろはカッピー」から命名された介護予防運動のこと。美空ひばりや氷川きよしなどの高齢者に馴染みのある楽曲に合わせて、タオルを使ったストレッチや玄米をつめたダンベルを使っての筋力アップ体操をおこない、全身機能維持を狙うとともに、コミュニケーションをはかりながら楽しくカラダを動かすことで、閉じこもり防止や介護予防につなげていこうというこころみです。

    shigishi_05

    この日は、まず指導ボランティアが参加された皆さんに「いろはカッピー体操」を説明。前後半に分けて「いろはカッピー体操」を実施。その後、高齢者の脱水リスクについてと、元気であってもかくれ脱水のうちに脱水症を予防する習慣をという講話があり、そのためのかくれ脱水チェックシートの紹介もありました。

    shigishi_02

    講話終了後には、参加者全員にボランティアから経口補水液の配布もあり、会場内では、経口補水液を手にした参加者たちが、笑顔で相談しながら、かくれ脱水チェックをする姿がありました。

    shigishi_03