私たちは、深刻な脱水状態を防ぐことで熱中症で搬送される人をゼロにしたい。

STOP 熱中症

かくれ脱水JOURNAL

  • シェア
  • ツイート
  • TOPICS


    2012年7月18・19日の両日は埼玉県熊谷市、23・24日には葛飾区亀有で「かくれ脱水」啓発イベントを開催



    2012年7月18日(水)と19日(木)の両日、夏の気温が高くなることで有名な埼玉県熊谷市で、第一回の《教えて!「かくれ脱水」委員会》主催による「かくれ脱水」啓発イベントを催しました。

    両日とも、本州の広い範囲が高気圧に覆われ「暑さ指数」が35℃を上回る地域が発生する連日の猛暑。もちろん会場となった熊谷市も午前中から「暑さ指数が急上昇」でしたが、中心部にあるニットーモール1Fで開催されたイベントには、多くの方々が訪れてくださいました。

    イベントでは、まずNPO法人・日本アロハ協会のみなさんが、夏を元気に過ごすための楽しいハワイアンダンスを披露。その後、熊谷薬剤師会の協力で、専門家による「正しい水分補給の仕方」ミニ講座(写真)がおこなわれ、会場を訪れた方々は熱心に耳を傾けていらっしゃいました。

    また、22日(月)と23日(火)には、葛飾区のアリオ亀有で第二回目を開催。両日にはそれぞれ、教えて!「かくれ脱水」委員会から、副委員長の谷口先生や秋山先生も参加し、司会の方との対話形式でミニ講座をおこないました。かくれ脱水について、地域の方々に分かりやすく噛み砕いて伝える先生方に興味津々の参加者の方々。委員会にとっても、地域の方々とのいいコミュニケーションが生まれた会でした。

     

    啓発イベントでは、このほかに「かくれ脱水」のセルフチェック、経口補水液のサンプリングなどもおこなわれ、イベントに参加した方々には、かくれ脱水JOURNALのタブロイド版もお配りしました。

    教えて!「かくれ脱水」委員会では、第三回目の啓発イベントを、7月25日(水)、26日(木)に、有楽町駅前広場において午前11時から開催します。26日には、教えて!「かくれ脱水」委員会委員長の服部先生も参加.「かくれ脱水」チェックの実演や、経口補水液のサンプリングなども予定しています。予約不要でどなたでも無料で参加できます。ぜひお立寄りください。

    【報道関係のお問い合わせ先】

    ブルーカレント・ジャパン株式会社(「教えて『かくれ脱水』委員会 広報事務局」
    担当:鍋田、芳賀、山口、貫(ぬき)
    TEL: 03-6204-4141
    Fax: 03-6204-4142
    E-mail: info.kakuredassui@bluecurrentgroup.com