かくれ脱水JOURNALは熱中症、脱水症対策の最新情報をお届けする情報サイトです

TOPICS


2012年7月25日・26日の両日、有楽町駅前広場において「かくれ脱水」啓発イベントを開催。26日は服部委員長も参加。盛況だったイベントの模様をご報告します。



教えて!「かくれ脱水」委員会では、この夏、三回目となる啓発イベントを、2012年7月25日(水)、26日(木)に、東京都千代田区にある有楽町駅前広場において開催しました。

両日共に、午前11時前から、簡単なチェックシートでできる「かくれ脱水」チェックに参加いただいた方々に、経口補水液と「かくれ脱水」JOURNALタブロイド版をお配りしました。折からの猛暑日で、東京の真ん中にある有楽町広場を行き交う人々も脱水状態が気になるのか、予想を超える反響。イベント開始から終了まで、多くの方々が並んでチェックシートを記入してくださいました。

この2日間で配布した「かくれ脱水」JOURNALタブロイド版は約4000部、しかも手にした皆様は、ちゃんとバックに仕舞って、これからの脱水対策に役立てようとされているようでした。

26日には、教えて!「かくれ脱水」委員会委員長の服部先生も兵庫から参加。「かくれ脱水」チェックの4つのポイント実演を通じて、脱水症状の初期発見やその対策について分かりやすい解説をしました。

(服部先生の脱水状態チェック4つのポイント)
◉手が冷たくないか。
◉指を合わせてすぐに赤みが戻るか。
◉手の甲を引っ張ってすぐに戻るか。
◉ワキの下が渇いていないか。

脱水状態に対する関心の急激な高まりが伝わってくる有楽町広場での2日間。教えて!「かくれ脱水」委員会では、今後も様々な機会に「かくれ脱水」についての啓発活動を行って参ります。

【報道関係のお問い合わせ先】
ブルーカレント・ジャパン株式会社
「教えて『かくれ脱水』委員会 広報事務局」
担当:鍋田、芳賀、山口、貫(ぬき)
TEL: 03-6204-4141
Fax: 03-6204-4142
E-mail: info.kakuredassui@bluecurrentgroup.com