私たちは、深刻な脱水状態を防ぐことで熱中症で搬送される人をゼロにしたい。

STOP 熱中症

かくれ脱水JOURNAL

  • シェア
  • ツイート
  • TOPICS


    2012年8月4日(土曜日)北海道旭岳で行われた、登山時における「かくれ脱水」の啓発活動のご報告。



    2012年8月4日(土曜日)、北海道旭岳において、登山時の「かくれ脱水」啓発活動をおこないました。大城先生が参加したイベントの模様をご報告します。

    北海道旭岳でおこなわれた、この夏2度目となる「かくれ脱水」啓発活動にも、多くの方々が参加されました。 我が国初の国際山岳医であり、教えて!「かくれ脱水」委員会の委員でもある大城和恵先生が、ロープウェイ駅の姿見駅での経口補水液の配布に参加。参加者と共に登山し、旭岳山頂では、登山者の脈拍計測や夏山への登山時の脱水予防について指導を行いました。 この日に配布された経口補水液は240本。大城先生によると、登山者の脱水予防や経口補水液への認知や興味は前回よりも向上。とくに旭岳は、本州からの登山者が多い山で、テレビなどで経口補水液の情報を得ている方が多く、その活用方法や購買場所など、さまざまな質問があったようです。 今回は、様々な場所で確実に浸透してきた「かくれ脱水」への認知を実感できた、有意義な活動となりました。

    教えて!「かくれ脱水」委員会では、今後も「かくれ脱水」についての様々な啓発活動を行って参ります。

    【報道関係のお問い合わせ先】 ブルーカレント・ジャパン株式会社

    「教えて『かくれ脱水』委員会 広報事務局」
担当:鍋田、芳賀、山口、貫(ぬき)

    TEL: 03-6204-4141
 Fax: 03-6204-4142


    E-mail: info.kakuredassui@bluecurrentgroup.com