私たちは、深刻な脱水状態を防ぐことで熱中症で搬送される人をゼロにしたい。

STOP 熱中症

かくれ脱水JOURNAL

  • シェア
  • ツイート
  • 検索結果

    キーワード:体液

    どうして生まれたのか、経口補水液その起源

    経口補水療法はもともと開発途上国で生まれた治療法。それが脱水しやすい環境になりつつある世界中の国々に広がり、いまでは20世紀最大の医学上の進歩と言われています。

    これで納得。子どもと高齢者が脱水になりやすい理由をまとめました

    「かくれ脱水」、脱水症、熱中症……。そのいずれにもなりやすいというより、 「かくれ脱水」の隣にいるのが、子どもと65歳以上の高齢者です。 子どもと高齢者のリスクが高い理由、その早期発見法について考えましょう。

    カラダの大部分は水分。その体液は水と電解質でできている

    生命を維持するために欠かせないのが、水分と塩分。 カラダを満たす水分と電解質(塩分は水に溶けると電解質になります)とで 構成されたものが「体液」、体液の量は一定になるように保たれています。

    ページTOPへ戻る