かくれ脱水JOURNALは熱中症、脱水症対策の最新情報をお届けする情報サイトです

かくれ脱水コラム

コラム
更新日:2017/5/15
View11575

column2-2

お母さんたちの質問状 冬のウイルス感染からくる下痢・おう吐による脱水の「予防法5カ条」

乳幼児のカラダはまだ水分調節機能が未発達で、 脱水を起こしやすい弱者です。とくに冬場は、ウイルス感染からくる 下痢・おう吐による脱水が心配です。ウイルス感染からくる下痢・おう吐 による脱水が起きたときの対処と予防はどのように行えばいいのか。 現在子育て中の現役ママ4人の疑問に、 教えて! 「かくれ脱水委員会」の十河剛委員が答えました。さらにその 座談会をもとにして、かくれ脱水JOURNALでは、ウイルス感染からくる 下痢・おう吐による脱水の対処と予防に関する5か条をまとめました。

出席して頂いたお母さんたち

  • Yさん(息子4歳、3か月)
  • Uさん(娘3歳)
  • Kさん(息子4歳、1歳)
  • Mさん(息子3歳、娘1歳)
冬のウイルス感染からくる下痢・おう吐による脱水

【対処法5か条】

  1. 経口補水液を早めに利用する
  2. おう吐物などを適切に処理する
  3. 手洗いを正しく行う
  4. タオルを共有しない
  5. 換気を十分に行う

すぐに病院へ行くべきサインとは?

Mさん 3歳の息子が1歳10か月のときに感染性胃腸炎になりました。夕方微熱があり、食欲がなくて「おかしいな」と思っていたら、夜中に激しくおう吐をして。下痢はありませんでしたが、おう吐は2時間半で6回ありました。こういうときは水分を摂った方がいいと聞いていましたが、すでに卒乳していたので、うちにあった水と麦茶を飲ませました。夜間救急に行こうかと悩んだのですが、「あと1回吐いたら行こう」と思ったところで落ちついて。翌朝病院で「感染性胃腸炎です」と診断されました。下痢やおう吐を起こしたら、どのタイミングで病院へ行くべきなのでしょうか?

十河 経口補水液が利用できたらベストでしたね。でも、おう吐の初期から水分を与える処置をしたのは立派。今回集まってくださった皆さんは、子供を育てるために欠かせない“親力”が強い方ばかりだと感心しています。下痢・おう吐による脱水は経口補水液を与える経口補水療法で家庭内でも対処できます。下痢・おう吐が始まったら、すぐに経口補水療法を始めてもらって大丈夫です。それでも脱水が収まらない場合、夜間でも病院で受診してください。子供の脱水のサインとしては、オシッコの量が減る、泣いているのに涙が出にくくなる、よだれが減って口のなかが乾いてくるといった症状があります。さらに感染性胃腸炎以外の病気で下痢・おう吐を起こすケースもあります。血便があるときは腸が腸のなかに入る腸重積が疑われます。また、おう吐に黄色い液が混じっている場合、腸が詰まる腸閉塞が疑われます。胃液は透明ですが、胃の先にある十二指腸から出ている胆汁は黄色。黄色い液は胆汁なのです。腸重積や腸閉塞が疑われる場合はすぐに病院で受診してください。本人の元気さ加減も重要な判断基準。元気がなくて泣くこともできない、お母さんに抱きつく力もないときは重症化しているので、一刻も早く病院へ連れて行ってください。

手洗い、うがい、マスク、そして経口補水液

十河 感染性胃腸炎に対して普段どのような予防策をしているか、教えて頂けますか?

Yさん ロタやインフルエンザのように予防接種が打てるものは全部打ちます。あとは外出先から帰ってきたら、子供にも手洗いとうがいをさせます。手洗いを終えるたびに、プッシュ式のアルコール除菌剤を手にこすり合わせています。あと親が菌を家庭内へ持ち込まないように、外出時は必ずマスクをしています。

Kさん 私のところも、夫と私は手洗いとうがいは絶対欠かしません。息子はうがいを嫌がってあまりやってくれませんが、せめて手洗いだけは徹底させています。それと屋内で遊ぶと菌が移りやすいと思って、冬は寒いですが、頑張って外で遊ばせています。

Uさん 親も子供も手洗いとうがいは年中通してやっています。保育園には100人を超える子供たちがいるので、園に入るときと出るときはプッシュ式のアルコール除菌剤で手を除菌しています。それとKさんと同じように、ノロやロタが流行っている時期だけは屋内の遊び場は避けています。

Mさん うちもロタとインフルエンザの予防接種は当然受けさせていますし、手洗いとうがいは必ずさせています。うがいはやはり嫌がりますが……。加えて、夫と私はジェル状のアルコール消毒薬を自宅で使ってます。それと冬になる前に、使い捨ての手袋やマスクなどを大量に買ってストックし、万一に備えています。

十河 皆さん、本当に“親力”が高いですね。実行して頂いていることはみんな正解です。手洗い、うがい、マスクは基本ですね。うがいのときはうがい薬は使わなくても大丈夫。うがい薬は粘膜を刺激しすぎるケースもあります。マスクを嫌がる子供もいますが、2009年に新型インフルエンザの流行が日本でも危惧されたときは、赤ちゃんから大きな子供までみんなマスクをしていました。“親力”でぜひマスクを習慣にしてください。マスクはインフルエンザやRSウイルスのような飛沫感染の防止に威力を発揮しますし、冬場の乾燥から喉や鼻の粘膜を守って感染への抵抗力を高める働きもあります。インターネットなどで感染性胃腸炎の流行情報を把握し、周囲のコミュニティで流行ってきたと思ったら予防策を徹底。流行時には屋内の遊び場などの人ごみを避けてください。発生時の初動や予防に有効な経口補水液やマスクなどを事前に揃えておくと、ウイルス感染からくる下痢・おう吐による脱水が突然始まっても慌てないで済むと思います。

冬のウイルス感染からくる下痢・おう吐による脱水

【予防法5か条】

  1. 予防接種(ワクチン)を受ける
  2. 手洗い、うがい、マスクの励行
  3. 流行状況を把握する
  4. 人ごみを避ける
  5. 経口補水液やマスクなどを事前にストックする

« 前編を見る

「お母さんたちの質問状 冬のウイルス感染からくる下痢・おう吐 による脱水の「予防法5か条」」の記事は役に立ちましたか?

みんなの投票を見る

Loading ... Loading ...
こんな記事もおすすめ!
脱水生活百科

脱水生活百科