かくれ脱水JOURNALは熱中症、脱水症対策の最新情報をお届けする情報サイトです

かくれ脱水コラム

コラム
更新日:2016/4/1
View67350

column6

これで納得、安心。ノロウイルス対処法

2015年の感染性胃腸炎は、新型ノロウイルス「GⅡ.17」への感染による感染性胃腸炎です。一度罹った人も抵抗力(抗体)がないために、大流行が心配されています。ノロウイルスは、感染し発症すると急激なおう吐や下痢が続き、脱水症状を引き起こし、とくに幼児や小児の場合は、脱水が進んで深刻な状態へ進行する場合もあります。しかし、新型となってもノロウイルスからの感染性胃腸炎は、家庭での対処が可能です。小児そして消化器系の専門医でもあるかくれ脱水委員会の十河委員に、ノロウイルスに慌てないための知識を聞きしました。これで納得、ノロウイルス対処法です。

十河剛

済生会横浜市東部病院
小児肝臓消化器科 副部長 医学博士
十河剛(そごう・つよし)

1970年 東京生まれ。1995年 防衛医科大学校医学科卒。段躰道七段教士。合気道二段剣道二段。日本小児科学会認定小児科専門医。日本肝臓学会認定肝臓専門医。日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡専門医・指導医。自宅敷地内に道場建設し、Sogo Budo Academy International設立。現在、子供達や学生達への指導を続けている。

ノロウイルス対処法 基礎知識

ノロウイルスからの感染性胃腸炎で
覚えておくべきポイント

  • ◎感染性胃腸炎は通常2週間以内に自然治癒する
  • ◎おう吐はせいぜい1〜3日(通常は1日程度)
  • ◎下痢はせいぜい1週間(通常は1〜3日)
  • ◎この期間、脱水にならないようにするのが、治療の原則
  • ◎特効薬はないので、通常は薬は不要

ノロウイルスからの感染性胃腸炎で
経口補水療法のポイント

  • ◎おう吐のピークはせいぜい半日〜1日、そこを過ぎれば問題はない
  • ◎下痢は無理に止める必要はない。通常は長くても2週間で止まる
  • ◎経口補水療法が対処の基本
  • ◎吐いても経口補水液を飲む・飲ませる(ただし、少量ずつ)
  • ◎小児にはスポイトやスプーンを使用。ゼリータイプも試そう
  • ◎最初は1〜5分ごとに(おう吐が止まれば適量を)

これで納得、安心。ノロウイルス対処法

Q1:ノロウイルスへの感染を疑うのは、どのようなときでしょうか? お母さんたちが知っておくべきことを教えてください。
A1:ノロウイルスは感染したら翌日か翌々日には発症します。問題は症状のある間、脱水を防ぐことです。

ノロウイルスの電子顕微鏡像提供元:国立感染症研究所

毎年、紅葉の時期から冬の時期になると、ノロウイルスによる感染性胃腸炎が流行りはじめます。2015年は、これまでの主流であった「GⅡ.4」とは異なる「GⅡ.17」が流行しています。過去にノロウイルスに感染し抵抗力(抗体)を持っている人も、感染し発症することが多いと考えられますから、一層の注意が必要です。ノロウイルスは感染したら通常は12時間から24時間程度で発症し、激しいおう吐や下痢の症状がでます。この時期にお子さんの保育園・幼稚園や地域の学校などでノロウイルスへの感染者が発生していて、お子さんにおう吐や下痢の症状が出た場合は、ノロウイルスへ感染したと考えていいでしょう。ノロウイルスというと、食中毒のイメージが強いですが、実は接触感染や空気感染が多く、集団生活の場である学校では、どうしても感染しやすいのです。

感染した場合は通常は12時間から24時間程度で発症。ノロウイルスからの感染性胃腸炎の症状は、おう吐や下痢ですが、おう吐なら1〜2日、せいぜい3~4日で治まります。下痢も普通は1〜3日で治まり長くても1〜2週間。お腹の症状は放っておいても徐々に治癒します。ですからお子さんが感染した場合も、ご両親は慌てないこと。大切なことは、おう吐や下痢が続くと、多くの水分とともに塩分などの電解質が失われて脱水症に至るケースがあります。これに注意し、脱水状態の進行を防ぐための対処をおこなってほしいですね。

Q2:感染性胃腸炎のときの対処法と、そのポイントは何でしょうか?
A2:ポイントは、おう吐、下痢になったら、即座に経口補水液を使って脱水にならずに乗り切ること

感染して発症し、おう吐や下痢をした場合は、即座に経口補水療法をはじめることです。ポイントは、おう吐、下痢のピークを脱水にならずにどう乗り切るか。おう吐や下痢は大量の体液(水+塩分などの電解質)を失います。経口補水療法は、失った体液をその分経口補水液で補う療法。おう吐や下痢で出した分を入れるということです。おう吐や下痢が続いている間、最初は1〜5分ごとに続けて、おう吐が止まれば適量を、下痢が治まったら止める。治まっても食事が進まない人は経口補水液を少しずつ続けて摂る。簡単で家庭でできる対処です。

なかなか経口補水液を飲まない小児には、ゼリータイプのものがありますから活用すると良いですよ。飲ませるときは、やさしく褒めてあげて、家族で協力して欲しいと思います。

経口補水液の飲み方、与える量などは、かくれ脱水ジャーナルに詳しいですから、参考にされるといいでしょう。

ぜひご確認ください。
「経口補水液を上手に使って脱水対策を!」
http://www.kakuredassui.jp/care4
「小児のおう吐や下痢。冬脱水対策は、素早く補水」
http://www.kakuredassui.jp/virus4

Q3:ノロウイルスは家庭内感染が本当に多いです。その原因と、いくらかでもリスクを下げる方法を教えてください。
A3:手洗い、汚物処理、トイレでの対処、家庭での感染予防法

ノロウイルスには、学校で感染してきた子どもに対して、家庭でどう対処していくかが、とても大切です。家庭内の感染リスクを下げる第一は、やはり手洗い。手洗いについては、学校などが推奨している洗い方などを参照してください。石けんを使って、指の間や手首なども流水でよく洗うことです。ノロウイルスが流行しているときは、マスクの着用もおすすめしています。

また、汚物や下痢などの処理の仕方、掃除の仕方を覚えておくことです。ノロウイルスはその粒子が小さく感染力は強いウイルスです。例えば子どもが発症し、リビングでおう吐した場合は、一回のおう吐で、リビング中にウイルスは飛び散っていると考えていいでしょう。汚物をそこだけ布などで拭き取っただけではウイルスが至る所に残っています。必ず、ゴム製などの手袋をし、おう吐物が広がらないようにビニールなどで包み込み、その後布などでしっかり拭き取ること。それらの汚物や布などは、しっかりビニール袋などに密閉し処理してください。その後に、塩素系漂白剤などをだいたい1%程度に薄めて、幅広い範囲を消毒しなくてはいけません。おう吐した人の衣服や、掃除した人の上着などにも掃除の際にウイルスが付着している可能性が高いですから、必ずビニール袋に入れて保管し、後日洗濯するなど工夫してほしいですね。

トイレでも、感染が疑われる家族の下痢やおう吐を水洗で流す場合は、必ず蓋をして流すこと。開けたままでは、水洗の水の粒に含まれたウイルスがトイレ中に飛び散っています。便1gには1億個以上、おう吐物1gには100万個以上のウイルスが含まれていると言われています。ノロウイルスは数10個でも感染してしまいますから、ここでも注意が必要です。また、できるだけ感染者が入った後のトイレは、塩素系の漂白剤などを使い消毒することを考えて下さい。流行している時期のトイレのタオルの共有もさけたほうがいいでしょう。

Q4:感染性胃腸炎に伴ってあらわれる典型的な脱水の症状も知っておきましょう。
A4:経口補水療法は中程度までの脱水に。

感染性胃腸炎などでの脱水症状のサインは、口のなかが乾いてくる。おしっこの量が減ってくる。幼児の涙が出にくくなっていることなどが上げられます。これらのサインは脱水状態が中程度まで進んでいると考えていいでしょう。

おしっこが出なくなったり、目が落ちくぼむ。脈が速くなっていたり、呼吸が速くなっている。神経が過敏になっている様な場合は脱水が中程度以上に進んでいます。主治医やお近くの病院へ相談してください。

最後に、ノロウイルスからの感染性胃腸炎は、勝手に治っていくので感染したからといって慌てない、焦らない。治るまで経口補水療法で、失った分の水分と電解質を補給する。ロタウイルスなど、他の感染症でも同様のことだと覚えておいてください。

「これで納得、安心。ノロウイルス対処法」の記事は役に立ちましたか?

みんなの投票を見る

Loading ... Loading ...
こんな記事もおすすめ!