私たちは、深刻な脱水状態を防ぐことで熱中症で搬送される人をゼロにしたい。

STOP 熱中症

かくれ脱水JOURNAL

  • シェア
  • ツイート
  • View661,209

    冬、活動を活発にするウイルスの代表はノロウイルス 下痢・おう吐・発熱 冬のウイルスの症状を知る

    下痢やおう吐を伴う、お腹にくる風邪のウイルスのノロやロタ、 大量の発汗を伴うインフルエンザウイルス。 急激に大量の体液を消失させる冬のウイルス疾患は、 脱水状態をつくり、対策を怠ると、重篤化して生命にかかわることもあります。 冬のウイルスがひきおこす症状について、知っておいてください。

    続きを読む

    画像はインフルエンザウイルス

    下痢・おう吐・発熱 冬のウイルスの症状を知る

    冬、活動を活発にするウイルスの代表はノロウイルス

    冬に活発に活動するウイルスの代表が、ノロウイルスです。感染力が非常に強く、ごく少ない量のウイルスでも感染します。ノロウイルスは、一年を通して活動しますが、とくに11月から増加しはじめ、12月から翌年1月がピークとなるウイルス。多数の遺伝子型があるウイルスで、同じ人が何度も感染します。ウイルスに汚染されたカキなどの二枚貝を充分に加熱しないで食べる感染経路が有名ですが、実際には、以下のように特定原因が分からない感染経路があると考えられています。

    ノロウイルスの感染経路候

    • ①感染者のウイルスが含まれている便やおう吐物から。
    • ②調理などをする人が感染していて、その人が介在して汚染したものを食べる。
    • ③汚染された貝類(とくに二枚貝)を、生あるいは十分に加熱しないで食べる。
    • ④汚染された井戸水などを消毒せずに摂る。

    潜伏期間は一般的には1~2日で、発症するとおう吐、腹痛、下痢、発熱を引き起こすことが特徴です。人によっては1日に10回以上の水様便が続き、大切な体液を奪い続けます。下痢やおう吐は、カラダの防衛作用ともいえますが、ウイルスを体外に排出するだけでなく、大切な体液を体外に一挙に大量に排出しているのです。ノロウイルスは、ほんの少量でも感染する厄介なウイルスです。乾燥に非常に強いうえ、アルコールや酸、高温への抵抗力が強いことも分かっています。冬の乾燥した室内では、乾いたウイルスが空気中に舞うことも考えられます。手や指からの感染だけでなく、家庭や職場のトイレでよく手を洗っても、床におう吐したものを処理したつもりでも、空気感染することがあるのです。ノロウイルスには有効な抗ウイルス薬はなく、予防には手洗いの徹底や感染者のおう吐物や便の適切な処理しかありません。発症した場合は1~2日症状が続いた後、回復します。本当に重要なのは、発症すれば必ず脱水状態を起こしますから、その事後の対策を怠らないこと。極端な脱水状態になった場合は、重篤な症状が現れる場合があります。免疫力の弱いお年寄りの方や、脱水状態が進行しやすい小児やお年寄りは、とくに脱水対策、後に述べる水分と電解質の補給に気を使ってください。

    • 1
    • 2

    乳幼児の冬の胃腸炎ではロタウイルスが要注意

    更新日:

    こんな記事もおすすめ!