私たちは、深刻な脱水状態を防ぐことで熱中症で搬送される人をゼロにしたい。

STOP 熱中症

かくれ脱水JOURNAL

  • シェア
  • ツイート
  • View11,718

    お母さんたちの質問状
    冬のウイルス感染からくる下痢・おう吐 による脱水の「予防法5か条」

    乳幼児のカラダはまだ水分調節機能が未発達で、 脱水を起こしやすい弱者です。とくに冬場は、ウイルス感染からくる 下痢・おう吐による脱水が心配です。ウイルス感染からくる下痢・おう吐 による脱水が起きたときの対処と予防はどのように行えばいいのか。 現在子育て中の現役ママ4人の疑問に、 教えて! 「かくれ脱水委員会」の十河剛委員が答えました。さらにその 座談会をもとにして、かくれ脱水JOURNALでは、ウイルス感染からくる 下痢・おう吐による脱水の対処と予防に関する5か条をまとめました。 監修:済生会横浜市東部病院 小児肝臓消化器科 副部長 医学博士 十河剛 ※本コラムは2013年掲載のものです。出席して頂いたお母さんたちKさん(息子4歳、1歳))Uさん(娘3歳)Yさん(息子4歳、3か月)Mさん(息子3歳、娘1歳)

    続きを読む

    冬のウイルス感染からくる下痢・おう吐 による脱水の「予防法5か条」

    冬のウイルス感染からくる下痢・おう吐による脱水【予防法5か条】

    • 1.予防接種(ワクチン)を受ける
    • 2.手洗い、うがい、マスクの励行
    • 3.流行状況を把握する
    • 4.人ごみを避ける
    • 5.経口補水液やマスクなどを事前にストックする

    すぐに病院へ行くべきサインとは?

    Mさん 3歳の息子が1歳10か月のときに感染性胃腸炎になりました。夕方微熱があり、食欲がなくて「おかしいな」と思っていたら、夜中に激しくおう吐をして。下痢はありませんでしたが、おう吐は2時間半で6回ありました。こういうときは水分を摂った方がいいと聞いていましたが、すでに卒乳していたので、うちにあった水と麦茶を飲ませました。夜間救急に行こうかと悩んだのですが、「あと1回吐いたら行こう」と思ったところで落ちついて。翌朝病院で「感染性胃腸炎です」と診断されました。下痢やおう吐を起こしたら、どのタイミングで病院へ行くべきなのでしょうか?

    十河 経口補水液が利用できたらベストでしたね。でも、おう吐の初期から水分を与える処置をしたのは立派。今回集まってくださった皆さんは、子供を育てるために欠かせない“親力”が強い方ばかりだと感心しています。下痢・おう吐による脱水は経口補水液を与える経口補水療法で家庭内でも対処できます。下痢・おう吐が始まったら、すぐに経口補水療法を始めてもらって大丈夫です。それでも脱水が収まらない場合、夜間でも病院で受診してください。子供の脱水のサインとしては、オシッコの量が減る、泣いているのに涙が出にくくなる、よだれが減って口のなかが乾いてくるといった症状があります。さらに感染性胃腸炎以外の病気で下痢・おう吐を起こすケースもあります。血便があるときは腸が腸のなかに入る腸重積が疑われます。また、おう吐に黄色い液が混じっている場合、腸が詰まる腸閉塞が疑われます。胃液は透明ですが、胃の先にある十二指腸から出ている胆汁は黄色。黄色い液は胆汁なのです。腸重積や腸閉塞が疑われる場合はすぐに病院で受診してください。本人の元気さ加減も重要な判断基準。元気がなくて泣くこともできない、お母さんに抱きつく力もないときは重症化しているので、一刻も早く病院へ連れて行ってください。

    • 1
    • 2

    手洗い、うがい、マスク、そして経口補水液

    更新日:2013/11/02

    こんな記事もおすすめ!