かくれ脱水JOURNALは熱中症、脱水症対策の最新情報をお届けする情報サイトです

「かくれ脱水」の対策

かくれ脱水
更新日:2017/4/7
View48119

日本の夏、働く環境は、もはや熱中症になりやすい環境!?

日本の夏、働く環境は、もはや熱中症になりやすい環境!?

地球温暖化による気温の上昇や、周辺よりも気温が上がる都市部の ヒートアイランド現象。それを避けるため、密閉された職場環境での エアコンへのカラダの慣れ。また、近頃の節電意識の高まりは、 体温の上昇から、体温を下げるための発汗を促します。 近年では、定年後に警備や道路交通などの職に就く高齢者の方も 多くなってきました。これらすべてが脱水リスクを上げています。 わたしたちは、「かくれ脱水」環境で日々を過ごし、 熱中症への危険の中で働いているのかもしれません。

万一の危険を避けるために。熱中症についての分類と、その対策を知っておきましょう。

熱中症は「どのくらい症状が重たいか」という重症度により、Ⅰ度、Ⅱ度、Ⅲ度の3つに分類されます。従来は、熱けいれん、熱疲労、熱射病、熱失神の4つに分類されていましたが、重症度と相関していない部分があったため、重症度に応じた治療が行いやすいように分類が改められたのです。

[熱中症の新分類]

  1. Ⅰ度 めまいやたちくらみを自覚する/筋肉痛やこむら返り(脚がつる)がある
    拭いても拭いても汗がどんどん出てくる
  2. Ⅱ度 頭痛、悪心(吐き気)、嘔吐を認める
    つかれやだるさといった全身倦怠感を自覚する
  3. Ⅲ度 意識障害を認める/けいれんが起こる/体温が高くなる

Ⅰ度熱中症の症状

熱中症には、新分類に即した速やかな対処が求められます。

熱中症のおよそ60%はⅠ度。脱水が進んでいますが、体温調節機構が破綻して体温が上昇するのはⅡ度以降。Ⅱ度以降は症状が重篤なので、体温が上がらないⅠ度の段階で対処することが大切です。しかもⅠ度からⅡ度、Ⅲ度にあっという間に進行する恐れもありますから、十分な注意が求められます。

[新分類に対応した対処法]

  1. Ⅰ度 涼しい、風通しの良い場所に移す/安静にしてカラダを冷やす
    水分、塩分、糖分を補給する
  2. Ⅱ度 Ⅰ度の対応を持続する
    誰かが必ずそばで見守り、症状が改善しなければ病院へ移す
    Ⅲ度に悪化した場合も病院へ移す
  3. Ⅲ度 Ⅰ度、Ⅱ度の対応を継続する/すぐに救急車を呼び、病院へ移す

職場で熱中症にならないために、
脱水症をいち早く予防しましょう。

熱中症の予防の基本は脱水症の予防。そのためには外的な予防と内的な予防があります。外的な予防は、脱水症を起こしやすい環境の改善。内的な予防は脱水症に対する防衛体力を養うことです。

[外的な予防]

  • □暑さを避ける服装になる
  • □風通しを良くする
  • □無理な節電をしない
  • □気温、湿度を下げる
  • □「暑さ指数」を用いた指針を守る

[内的な予防]

  • □無理なダイエットなどで食事や飲み物を制限しない
  • □十分な水分と電解質を補給する
  • □睡眠をしっかり取って休息する
  • □適度な運動で筋力を保ち、汗がかける体質になる

 *発汗を伴うような運動では水分と電解質の補給を欠かさないようにしてください。

熱中症予防のために、
働く現場で、「暑さ指数」を覚えておきましょう。

熱中症の厳重警戒は「暑さ指数」が28℃からですが、指数が25℃を超える場合は、すでに脱水状態をひきおこす前兆です。「かくれ脱水」になりやすい環境にいるということ。こまめな休息や水分補給を、いつもより心がけてください。高齢者は、屋外での仕事を控えるべきです。

「暑さ指数」と生活活動に関する目安

夏の職場では熱中症が多発中。無理をせず、3つの管理で対策を。

熱中症の予防の基本は脱水症予防から。近年の職場での高齢化や、都市部の環境の激変により、予防対策をしていても脱水状態が進み、熱中症で搬送される例が多発しています。朝食をしっかり摂って、一日の体調管理の基本とするほかに、以下に述べる3つの管理によって、職場での脱水を未然に防ぎ、熱中症対策をおこなってください。

(参考文献:熱中症による経口補水療法のすすめ 監修:災害・救急医療におけるORT研究会)

1.作業環境管理

①屋内に熱や水蒸気の発生源がある場合は、除去、縮小
 化、密閉化し、屋外では日陰を求め、無い場合は作る。
 空調やスポットクーラーを置き、温度が28℃以上になら
 ないようにする。
②蒸気や熱気などはフードなどで誘導・排気する。
③太陽の熱など輻射熱は断熱材で遮断する。屋内では
 窓にフィルター、すだれやブラインドを設置する。

2.作業管理

①作業負担を少なくし、熱い物体や光線から離すか、
 遮蔽物を設置する。
②休憩は日陰で、風通しの良いところを選び、
 こまめに取る。
③水分および塩分の補給を計画的におこなう。
 ナトリウムを含む飲料を摂る。
④とくに発汗が多い場合は、経口補水液を摂取する。
⑤服装は、通気性が良い素材の白色系の色を選ぶ。

3.健康管理

①睡眠不足や、下痢、発熱による脱水症状がある場合は
 作業を控える。
②終業後、多量の発汗をともなう活動を避ける。
 十分な食事、休養、睡眠をとり、その日のうちに
 体温を下げる。
③高齢者の場合は、体温調節機能が低下していたり、
 疾患を有している場合が多いために、
 個人の体調にあわせた対応が必要。医者への相談も。

働く場所チェックシート

  • 作業・運動の強度や熱源の確認
  • 温度条件(気温、暑さ指数)の確認と実況・予想
  • 涼しい場所(休憩場所・救急対応)の確保
  • その場所でカラダを冷やす用意(水、タオル、団扇、クーラーなど)はあるか?
  • 行動中の休憩・飲料は確保できるか?
  • 近隣の医療機関と搬送体制の確認
  • ふさわしい服装か、カラダを冷やす工夫は十分か?

出典:環境省 平成25年度熱中症対策に係わる地方自治体等担当者向け講習会資料より

大量の汗をかいたときは経口補水液。
飲み始めるときの心得が5つあります。

労働中に、脱水の軽い症状がでたときは、次にあげる心得をよく理解し、症状にあわせて飲みはじめてください。高齢者で体重50kgの人が1~2%の体重の減少をみた場合で、1日に経口補水液をゆっくり500ml摂取するというのが目安です。脱水の症状に併せて適宜増減して摂取しましょう。基本的にはゆっくり飲むこと。軽い脱水症状を生じている場合は、美味しく感じるものですから、薄めたり飲みやすいようにジュースなどと混ぜたりしないで摂取してください。

大量の汗をかいたり、微熱や軽い頭痛があったり、乾燥を感じたり、眠気がとれないなど、ちょっとした脱水への気づきがあるときに経口補水液を少量ずつ摂取することで、発症する前の「かくれ脱水」の進行を予防することができます。前述の熱中症の初期症状が発症している場合は、持病のある方を除いて、ただちに経口補水液を飲むように勧めてください。そうしたサインの現れた人は、経口補水液を美味しく感じると思います。えん下に問題がある人(高齢者)は、市販のゼリータイプを試してみるといいようです。

労働の現場は、室内も室外も熱中症対策の最前線。
喉が渇いたら水分補給です。

エスエル医療グループ栄内科院長 愛知医科大学客員教授 産業医 山田琢之 談

熱中症対策の最前線が作業現場です。毎年、さまざまな労働の現場で、命に関わるような熱中症がおこり、救急搬送されています。ただ、その対策も、昔から、激しい労働環境への対策から生まれてきました。例えば、炭坑夫が働く鉱山のトンネルは、高温で湿度も100%を超えるような場所でした。そこでは、味噌をなめながら水分を摂っていたのです。17世紀のイタリアでは、産業医学の父といわれるベルナルディーノ・ラマツィーニが、ヴェネチアの窯のあるガラス工房を研究し、職人たちが暑い夏に作業をしないという、環境と労働作業での知恵の例をあげています。最近では、原発事故の作業現場ではクールスーツを着ているのですが、熱中症への対策として経口補水液を飲んでいました。

産業保健分野においては、現在では多くの企業が、職場の衛生管理者や保健師などの産業看護スタッフ等を通じて、さまざまな熱中症への対策をおこなっています。私は、産業医として新しい作業現場は必ず訪ねます。そうすると、さまざまなことがわかる。たとえば、現場にエアコンが付いていても、外と内を頻繁に行き来するような場所では、カラダが脱水しやすくなります。また、外の作業で、西日が当たる現場では、午前中の作業を優先させる作業工程をつくる指導もします。労働現場環境や作業条件の改善も重要な脱水対策だからです。 ただ、残念ながら中小の建設現場や交通誘導の場などでは、まだまだ、ある程度の暑さなら我慢して作業することが習慣化していたり、健康チェックをしないままで作業をしたりすることも多いようです。労働者の熱中症搬送の多くはそうした現場からのものなのです。

労働者が熱中症予防のために職場で出来ることとして、まず朝食を通じて基礎塩分をちゃんと摂ってください。また、職場環境においては「暑さ指数」を作業の目安とし、自覚症状に関係なく、喉が渇いたら水分補給をしてください。管理監督者もそれを心がけてください。水分補給をしているのはサボっているのではないのです。そして、外や暑い場所での作業で汗をたっぷりかいたらOS-1などの経口補水液を飲むことです。
最近では、作業現場にクーラーボックスを設置し、中に水と経口補水液を冷やしている会社が増えています。こうした労働環境でのこまやかな脱水対策が、命に関わる熱中症への進行を防いでくれます。

労働災害における熱中症による死亡者数、業種別割合
(平成9年〜平成21年 226人)

※提供:厚生労働省調べ

厚生労働省 平成25年「職場における熱中症による死亡災害の発生状況」を公表
(厚生労働省ホームページを表示します)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000047141.html

公表データ
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11303000-Roudoukijunkyokuanzeneiseibu-Roudoueiseika/bettennsiryou.pdf

「働く人の脱水対策」の記事は役に立ちましたか?

みんなの投票を見る

Loading ... Loading ...