私たちは、深刻な脱水状態を防ぐことで熱中症で搬送される人をゼロにしたい。

STOP 熱中症

かくれ脱水JOURNAL

  • シェア
  • ツイート
  • View52,076

    失った体液を補う水。
    経口補水液による療法とは何か?

    脱水状態が進みカラダが重くなったり、大量の汗をかいたりしたときは、カラダが失った体液を補う水、経口補水液で脱水状態を改善し、熱中症予防にもなる「経口補水療法」が注目されています。

    続きを読む

    体液を補うバランス飲料が経口補水液

    経口補水療法(ORT:Oral Rehydration Therapy)は、脱水症状のとき注射や点滴ではなくその成分とよく似た、水に塩分などの電解質と糖とがバランスよく配合された経口補水液(ORS:Oral Rehydration Solution)を口から摂取して回復させる療法です。

    脱水症とは「カラダから水分が失われるだけでなく、電解質も同時に失われている」状態ですから、経口補水液はいわばカラダが失った体液を、飲んで補う水ということ。専門の技術や器具を必要としないで、ドラッグストアで気軽に買え、家庭で作ることもできる「いのちの水」です。

    水分の80%は小腸で吸収される

    水分と電解質は、口からカラダの中に摂り入れると食道・胃を経て小腸へ移動します。体内での水分吸収の80%が小腸でおこなわれます。小腸では、糖分が電解質であるナトリウムイオンなどと結びついて一定の働きをし、その結果として水分が吸収されます。これはナトリウムイオン・ブドウ糖共輸送機構と呼ばれる小腸の重要な働きで、この働きは下痢をしていても正常に作動することが最近分かってきました。つまり、下痢をしていても経口補水液はカラダに摂取され、脱水状態を緩和してくれるのです。

    経口補水液に糖分が含まれているのは、この働きをスムーズに促すためです。

    吸収させるためのバランスが重要

    経口補水液は、スポーツ飲料に比べると、塩分が多く糖分が少ないために、味覚的にはあまり美味しくありません。しかし、簡便に口から摂取して小腸で水分と電解質を体内吸収させるには、ブドウ糖とナトリウムイオンの割合がとても大切だと解明されています。小腸での水分吸収を促すためには、ブドウ糖とナトリウムイオンの濃度比率が2:1を超えない組み合わせが良いと分かったのです。

    ところが、実際には経口補水液を飲んで意外と美味しいと感じるときがあります。実はこういうときは脱水症状の疑いが濃厚、すなわち「かくれ脱水」だったのです。体液が不足しているためにカラダがその摂取を喜んでいるのかもしれません。

    更新日:2012/06/24

    こんな記事もおすすめ!