私たちは、深刻な脱水状態を防ぐことで熱中症で搬送される人をゼロにしたい。

STOP 熱中症

かくれ脱水JOURNAL

  • シェア
  • ツイート
  • View222,244

    子供は脱水弱者。脱水のサインを素早く見つけて対策をとることが重要

    子どもは脱水症を起こしやすい熱中症弱者です。 周囲は脱水のサインをよく観察して、早め早めのケアを。 普段から水だけでなく電解質の補給も意識しましょう。

    続きを読む

    子どもに経口補水液を上手に摂取させる

    子どもは体温調節機能が未発達であり、新生児では80%もある体液も、失いやすい細胞外液に多く存在する脱水しやすいカラダです。またエネルギー代謝が活発なためにたくさんの水分を必要とします。ヒートアイランドなどの最近の環境の変化や、節電によるエアコンの調整などの影響を受けやすく、現在は子どもには非常に生きにくい世の中だと考えられています。

    子どもの「かくれ脱水」は、飲食の量がいつもに比べて低下し落ち(少し熱はあっても食欲があるのは大丈夫)たり、いつもより笑わない、機嫌が悪いなどの状態を感じたら、まず疑って経口補水液を与えてみてください。

    スプーンで少しずつ。いやがっても、お母さんが飲んでみせると飲みますし、いつもより辛いときは自分から素直に飲むことも多いようです。

    【小児の脱水症チェック】

    いつもに比べて、以下のようなサインを2つ以上認めたら疑いましょう

    [保護者からの情報]
    • 不機嫌、あやしても泣きやまない
    • 泣いているが、涙の量が少ない
    • 熱があるのに汗をかかない
    • 食欲がない
    • 眠りがち
    [看護婦や診療録からの情報]
    • おしっこの量が少ない、色が濃い
    • 採血しても泣かない
    • 便が硬い、ころころしている
    [見て触って得る情報]
    • 口や鼻の中が乾いている
    • 目がおちくぼんでいる
    • 舌が白くおおわれている
    • 皮膚に弾力性がない

    *子どもの体調変化は急激に進みます。もちろん不安な場合は、すぐに小児科へ相談してください。

    更新日:2012/06/24

    こんな記事もおすすめ!