私たちは、深刻な脱水状態を防ぐことで熱中症で搬送される人をゼロにしたい。

STOP 熱中症

かくれ脱水JOURNAL

  • シェア
  • ツイート
  • View7,329

    脱水かも? エピソードでわかる高齢者の脱水 その原因と対策

    夏の熱中症、冬の感染性胃腸炎や、風邪などからの発熱による体調不良、お風呂場での事故など、高齢者には、一年を通じて脱水が病気や事故の原因のひとつとなるリスクがあります。高齢者の身体は、加齢とともに変化し、正常な状態でも、少しの変化で脱水症状が現れる可能性を秘めていますし、症状がでると、あっという間に重篤になる危険もはらんでいるのです。普段から脱水への予防に務めると共に、早い段階で脱水からくる身体の変化に対処するのが大切ですが、当事者は脱水に気づきにくいことも事実。

    訪問看護、居宅介護支援、訪問介護事業などを通じて、長く高齢者の脱水による体調の変化を身近に見てきた、教えて!「かくれ脱水」委員会の秋山正子委員が、自身の経験から、多くの高齢者の方が、自分に当てはめることができる脱水エピソードをピックアップ。そのときの適切な対策を加えてまとめました。ときどき見直して、ご自身やそのご家族に活用していただきたいと思います。「あれっ、ちょっとヘン、脱水かも?」そう思ったときが脱水への対処のときです。 監修:株式会社 ケアーズ 代表取締役 白十字訪問看護ステーション 統括所長
    「暮らしの保健室」室長 マギーズ東京センター長 秋山正子

    続きを読む

    エピソードでわかる高齢者の脱水 その原因と対策

    エピソード1:夏の初めに、こんなことがありました

    「暮らしの保健室」によくいらっしゃる方で、一人暮らしの高齢の女性なのですが、夏の初め頃の暑い日に、いつもよりお話されていることが混乱していました。
    本人は元気に話しているつもりのようなのですが、おかしいな、と思い涼しいところで経口補水液を摂らせてあげるといきなり話がしっかりしてきたんです。

    秋山先生の脱水ひとくちメモ

    まず、高齢になると、貯水量の少ないダムみたいなもので、ちょっとしたことであっという間に脱水状態になってしまうということを自覚しましょう。加齢とともに自律神経が鈍くなり、脳の血の巡りも悪くなっています。季節の変わり目での暑さへの馴れも鈍くなります。少し変だと感じたら経口補水液を飲んでみると良いでしょう。周囲の人も気をつけて、おかしいと感じたら涼しい場所へ連れて行き、経口補水液を摂らせることをお勧めします。

    加齢による体重に占める水分量の変化

    エピソード2:無意識にぼりぼり肌を掻く。困っているという話を聞きました

    更新日:2016/11/17

    こんな記事もおすすめ!