私たちは、深刻な脱水状態を防ぐことで熱中症で搬送される人をゼロにしたい。

STOP 熱中症

かくれ脱水JOURNAL

  • シェア
  • ツイート
  • View3,745

    ランナーなら知っておこう! 黄色いビブスの頼りになるランナーたち

    日本医師ジョガーズ連盟(通称:日医ジョガーズ)は、ランニングドクターとしてマラソン大会に参加しながら医療支援をおこなっているNPO法人。教えて!「かくれ脱水」委員会の発足当時からの協力団体であり、所属する中村 集 先生には、ランニングにおける脱水リスクや対策など、かくれ脱水ジャーナルのコンテンツ指導をいただいています。今回は、中村先生が出走する日医ジョガーズ活動に密着。マラソン大会における日医ジョガーズの活動紹介と共に、その医療支援活動について詳しくインタビューします。マラソンは、注意していても少しの脱水からドクターのお世話になることがある激しいスポーツです。ランニングを楽しむランナーたちを、同じようにランニングを愛好するドクターが支援する活動から、ランナーたちが注意しなければいけない大切なことが見えてきます。 監修:教えて!「かくれ脱水」委員会 委員 NPO法人日本医師ジョガーズ連盟(JMJA)理事 医学博士 中村 集

    続きを読む

    ランナーなら知っておこう!黄色いビブスの頼りになるランナーたち

    スタート前に、中村先生に聞きました

    レース後、中村先生に、聞きました

    日医ジョガ―ズのテント。日医ジョガーズのテントは、大会の救護テントのすぐ前。消防と警察テントに挟まれてありました。

    快晴の10月16日(日)、訪ねたのは東京都足立区の荒川河川敷で開催される第45回タートルマラソン国際大会。都心から近い荒川河川敷というフラットなコースで人気の市民マラソン大会で、参加者はハーフマラソン、10キロ、ウォーキングなどの開催種目を合わせると12,000名(主催者発表)。

    日医ジョガーズ会員は、この日、早朝から30名が集い、それぞれがランニングウェアの上に「医師」「DOCTOR」と書かれた黄色い日医ジョガーズのビブスを着用して臨戦体制に。ハーフマラソンでランニングドクターを務めるためビブスの上にブルーのゼッケンを付けた中村先生は、「今日は参加メンバーが多いです。実は、この大会は救急車が20台以上出動したことがあります。荒川河川敷で走りやすいコースで人気の大会ですが、天気が良すぎると日陰の無いコースなので水分補給を怠ると脱水などになりやすいのです。その意味もあって大勢集まったのかもしれません」と語ります。

    開会式での日医ジョガーズ

    レース開始前におこなわれた大会開会式では、参加ランナーたちに日医ジョガーズの諸氏が紹介され、給水の大切さを参加者と共に確認。その後、日医ジョガーズテントに全会員が集い、会員同士が携帯電話で緊急時の連絡をできるように、それぞれの番号や救護班の連絡先を交換してスタート地点へ移動です。

    スタート前に、中村先生に聞きました

    更新日:2016/12/06

    こんな記事もおすすめ!