私たちは、深刻な脱水状態を防ぐことで熱中症で搬送される人をゼロにしたい。

STOP 熱中症

かくれ脱水JOURNAL

  • シェア
  • ツイート
  • View15

    日本サッカー協会は、なぜ高度な熱中症対策を実践できているのか?

    公益財団法人日本サッカー協会(以下、日本サッカー協会)は、2016年3月に、大会/試合スケジュールの規制などの事前の準備、当日の対応などからなる「熱中症対策ガイドライン」を発表しました。これは他の多くのスポーツ競技団体に先んじるもので、WBGT(暑さ指数)を基準とした事前対策や、試合場の環境、観客の熱中症対策までを考慮した内容は、今後の日本の各種スポーツでの対策強化を牽引するものになると思われます。
    かくれ脱水ジャーナルは、現在、U-15のサッカー日本代表チームドクターとしても活躍される立教大学教授 加藤晴康先生に、ガイドライン制作の裏側やその実践を支えるサッカー界の環境についてインタビュー。加藤先生は日本サッカー協会の育成世代への指導要領作りに長く携わり、熱中症対策ガイドライン作成にも深く関わられました。組織のシステム全体で選手を守ろうという姿勢、現場の意識改革を支える仕組みなどは、多くの学校関係者やスポーツの指導者の方へ、熱中症に向き合う基本姿勢として、とても参考になるものです。 立教大学コミュニティ福祉学部 スポーツウエルネス学科教授 整形外科医 医学博士
    日本サッカー協会 U-15日本代表チームドクター 加藤晴康

    続きを読む

    日本サッカー協会の「熱中症対策ガイドライン」、その背景と浸透について

    水分補給と身体を冷やす水がサッカーを支えています

    日本サッカー協会の「熱中症対策ガイドライン」、その背景と浸透について

    日本サッカー協会・熱中症対策ガイドラインの目的

    ・選手が安心して安全にプレーできる環境の整備および選手のパフォーマンスの向上
    ・不十分な対策の競技会運営の是正
    ・熱中症が選手の生命に関わることの再認識

    『JFA 熱中症対策』 (熱中症ガイドラインより、熱中症対策部分のみ抜粋)

    〈A〉(WBGT=28度以上の場合は、事前に1〜7を講じる)
    • 1. ベンチを含む十分なスペースにテント等を設置し、日射を遮る。 ※全選手/スタッフが同時に入り、かつ氷や飲料等を置けるスペース。 ※スタジアム等に備え付けの屋根が透明のベンチは、日射を遮れず風通しも悪いため使用不可。
    • 2. ベンチ内でスポーツドリンクが飲める環境を整える。 ※天然芝等の上でも、養生やバケツの設置等の対策を講じてスタジアム管理者の了解を得る。
    • 3. 各会場に WBGT 計を備える。

    • 4. 審判員や運営スタッフ用、緊急対応用に、氷・スポーツドリンク・経口補水液を十分に準備する。
    • 5. 観戦者のために、飲料を購入できる環境(売店や自販機)を整える。
    • 6. 熱中症対応が可能な救急病院を準備する。特に夜間は宿直医による対応の可否を確認する。
    • 7. [Cooling Break]または飲水タイムの準備をする。

    〈B〉(WBGT=31度以上の場合は事前に以下も講じた上で、試合日の前日と翌日には試合を行わない。また、WBGT=31度以上となる時刻に試合を始めない。)
    • 8. 屋根の無い人工芝ピッチは原則として使用しない。
    • 9. 会場に医師、看護師、BLS(一次救命処置)資格保持者のいずれかを常駐させる。

    • 10 クーラーがあるロッカールーム、医務室が設備された施設で試合を行う。

    Q サッカー独自の熱中症対策ガイドラインをつくられた背景にはどんなことがあるのでしょうか?

    更新日:

    こんな記事もおすすめ!