熱中症と脱水症状に専門家が発信する正しい情報を!隠れ脱水JOURNAL

トピックス


【予告】7月30日(木)教えて!「かくれ脱水」委員会 谷口英喜副委員長が神奈川県逗子市において熱中症講座を開催



2015年7月30日(木)、教えて!「かくれ脱水」委員会、谷口英喜副委員長が、神奈川県逗子市において、熱中症講座を開催します。熱中症や脱水症の早期発見とその対処が早わかり!この夏の安心・安全のために、ぜひご参加ください。

150730_info_event

主催するのは、逗子近郊の60歳以上の皆さんが集まる老人クラブなどの「ズシップ連合会」。6月に、逗子近郊の老人クラブの指導者に向けておこなった、高齢者向け熱中症予防の講座が大変好評で、今回は広く一般の方々にもご参加いただく機会を設けたということ。

今回のテーマは『かくれ脱水とその対策について』。かくれ脱水とは、具体的な症状が現れていなくても脱水が進行している状態のこと。この段階を発見し早めの対処をする事で、重篤な脱水症・熱中症への進行を防ぐことができます。今までは、自覚症状がない段階での発見は難しかったのですが、高齢者に関しては谷口副委員長が関係企業や機関とおこなった研究により、簡単に自分でかくれ脱水の可能性をチェックできるようになりました。かくれ脱水JOURNALにも、「かくれ脱水チェックシート」としてダウンロードできるようになっています。

講演では、谷口副委員長自らが、研究をひも解きながら、かくれ脱水の発見やその対策について、すぐに役立つ情報を交えながら解説する予定です。

先日は関東にも猛暑が続きました。暑い夏を安心して、快適に過ごすために。この機会を、ぜひご活用ください。

谷口英喜先生
「かくれ脱水とその対策について」
日時:7月30日(木)
開場:午前9時45分
講演:午前10時〜午前11時30分
場所:逗子文化プラザ なぎさホール
講師:神奈川県立保健福祉大学 医学博士教授 谷口英喜 氏
       (教えて!「かくれ脱水」委員会副委員長)

テーマ:かくれ脱水とその対策について
主催:ズシップ連合会


・かくれ脱水チェック
 https://www.kakuredassui.jp/check

・かくれ脱水ダウンロード
 https://www.kakuredassui.jp/download