熱中症と脱水症状に専門家が発信する正しい情報を!隠れ脱水JOURNAL

トピックス


高齢者の居るご家庭必見。『高齢者の熱中症対策は早めの脱水対処と部屋の遮熱処理』を公開



column12_image

今年も、高齢者の熱中症による事故が多発しています。加齢とともに体液が減少し、水分や塩分の摂取に重要な食事量も低下しがちな高齢者は、体温調節機構が十分機能せず、脱水症を起こしやすく、熱中症になりやすいカラダになっています。高齢者が脱水症を起こしやすい環境をできるだけ改善し、日常生活の中で、自分や家族でできる早めの脱水への対処を知っておく。それだけで、熱中症を予防するだけでなく、大きなケガを未然に防いだり、寝たきりの要介護状態になることを防いだりすることにつながります。

すぐに実践可能な高齢者の熱中症対策3つのポイントを、教えて!「かくれ脱水」委員会の秋山正子委員とまとめました。ご活用ください。

『高齢者の熱中症対策は早めの脱水対処と部屋の遮熱処理』
https://kakuredassui.jp/column12