私たちは、感染性胃腸炎からくる脱水の危険性と、正しい対処法をお伝えします。

冬脱水SOS

かくれ脱水JOURNAL

TOPICS


(緊急提言)災害時は、身体も普段とは違います。 自分がいつもより脱水状態にあることを意識して欲しい



靍 知光
教えて!「かくれ脱水」委員会 委員
雪の聖母会聖マリア病院 臨床・教育・研究本部長
熊本県益城町出身

熊本・大分両県での相次ぐ地震で、その直接の被害とは別にエコノミークラス症候群のことが問題になっています。エコノミークラス症候群とは、長時間一定姿勢のままでいることで、脚の血の巡りが悪くなり、血液がドロドロになって血管内に血栓ができ、その血栓が肺の血管を詰まらせる(肺塞栓)病状のことです。従来は飛行機や列車、長距離バス移動などで発症するといわれていますが、渋滞の車中など長時間同じ姿勢を保たざるを得ない環境にいれば発症することが報告されていました。今回問題になっているのは、避難のために「車中泊」を続けている人たちや狭い避難所で寝泊まりをせざる得ない人達にエコノミークラス症候群が多発しているというものです。

kumamoto_03

予防としては、なるべく一定姿勢でいることを避け、数時間ごとに脚を動かすなどの運動をとりいれることと、できるだけ水分を補給することです。多くのメディアでは下肢の運動が中心に取りあげられていますが、同じように水分補給が大切なのです。非難場所によっては水自体が足らない状況がありますし、混み合った避難所や駐車場では、どうしてもトイレを我慢しがちです。みんなが我慢しているといってもいいでしょう。高齢者で脚が不自由な方々はなおのことだと思います。被災地の現状を考えると宜なるかなという感じはします。でも、エコノミークラス症候群に関しては、このガマンがいちばんのリスクファクターなのです。

そもそも、被災者の方々は、極度の緊張や不安感そして劣悪な環境から、普段の生活時の身体に比べて脱水ぎみになっています。全員がかくれ脱水状態といっていいでしょう。もともと脱水状態なのに、様々なことがありすぎて、水分補給まで気が回らないし、いざ水を飲みたいと思っても水自体の供給が不足していたりする。加えて、避難所では連日、狭いエリアに緊張したまま居なければいけないし、トイレの問題が重なってくる。窮屈さを嫌って避難所から出ても、脱水状態になった身体の方が「車中泊」を続けるのですから、やはりエコノミークラス症候群を発症しやすいわけです。

kumamoto_01

水の供給が滞っている場合は、本当にしょうがないですが、水が一応あるのに摂らないのは間違いです。しっかり意識して水分を摂って欲しい。トイレの問題があるのなら、もともと脱水弱者であるお年寄りなどは紙おむつを利用することをお勧めします。オムツをしてでもきちんと水分は取ってもらいたい。また、食料が限られていますから電解質=塩分も不足しているはず。できるだけ、塩分も摂って欲しいものです。

経口補水液の常備

経口補水液の常備

劣悪な環境で集団生活を余儀なくされている被災地では、徐々に衛生環境が問題となってきます。十分な手洗いや手指消毒ができないことから、ノロウイルスによる感染性胃腸炎やインフルエンザの報告も出てきているようです。罹患した場合は、やはり水分と塩分を摂ることが、症状の重篤化をふせぎ回復を早めることも覚えていて欲しいと思います。被災地では、病院での患者対策に経口補水液が活用されていると聞きますが、支援物資の供給が進み、避難所などでも、少しでも早く経口補水液が常備されるなどの対策がとられる事を願って止みません。

被災した靍委員の実家

被災した靍委員の実家

最後に、私の郷里は熊本県の益城町です。実家も益城町にあります。幸い人的被害はありませんでしたが、熊本の多くの同級生は頑張っています。いざという時の備えは道具などだけではなく、自分の身体を守る様々な知識も大いに役立つことを、今回の震災を機に覚えておいてもらいたいと切に願います。


参考「一目で分かる新型ノロウイルスへの予防と対処」
https://www.kakuredassui.jp/column14


かくれ脱水JOURNALには、渋滞時などに起こる車中でのエコノミークラス症候群について解説した記事もあります。合わせてお読みください。

「車内の「かくれ脱水」に要注意! 対策は、1時間ごとの休憩と100~200mlの水分補給」
https://www.kakuredassui.jp/archives/1076

「ドライバー必見!渋滞時のクルマの中は脱水環境」
https://www.kakuredassui.jp/findout5


厚生労働省 深部静脈血栓症/肺塞栓症(いわゆるエコノミークラス症候群)の予防について
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121802.html