私たちは、深刻な脱水状態を防ぐことで熱中症で搬送される人をゼロにしたい。

STOP 熱中症

かくれ脱水JOURNAL

  • シェア
  • ツイート
  • TOPICS


    大城和恵委員が、女性医師として初めてエベレスト登頂に成功!



    2018年5月21日、教えて!「かくれ脱水」委員会の創立メンバーであり、日本人初の認定国際山岳医の大城和恵委員が、日本の女性医師としては初めてエベレスト(8848メートル)の登頂・下山に成功しました。

    大城委員は、2013年、冒険家の三浦雄一郎氏が世界最高齢でエベレスト登頂を果たした際には、チームドクターも務めています。今回は、中国・チベット側からの登頂で、下山後「今後も、山の医療を熟知し登山経験もある医師として、実践的な山岳遭難防止に取り組みたい。山岳遭難の防止に医療はまだまだ貢献出来ることをいっそう確信したエベレスト登頂となりました。応援してくれたみなさんに、心からの感謝を伝えたい」とコメントしました。

    キャプション

    エベレストには、山の脱水環境対策として経口補水液のOS-1パウダーを携帯。登頂当日も、凍らないように水筒を懐に入れて、水分と電解質を補給していたとのことです。

    エベレスト登頂時の身体の変化と脱水対策について、近日、大城委員をインタビューします。ご期待ください。