私たちは、深刻な脱水状態を防ぐことで、熱中症で搬送される人をゼロにしたい。

STOP 熱中症 教えて!「かくれ脱水」委員会

かくれ脱水JOURNAL

View74,712

熱中症予防のために、働く現場で、「暑さ指数」を覚えておきましょう

熱中症の厳重警戒は「暑さ指数」が28℃からですが、指数が25℃を超える場合は、すでに脱水状態をひきおこす前兆です。「かくれ脱水」になりやすい環境にいるということ。こまめな休息や水分補給を、いつもより心がけてください。高齢者は、屋外での仕事を控えるべきです。

夏の職場では熱中症が多発中。無理をせず、3つの管理で対策を

熱中症の予防の基本は脱水症予防から。近年の職場での高齢化や、都市部の環境の激変により、予防対策をしていても脱水状態が進み、熱中症で搬送される例が多発しています。朝食をしっかり摂って、一日の体調管理の基本とするほかに、以下に述べる3つの管理によって、職場での脱水を未然に防ぎ、熱中症対策をおこなってください。

(参考文献:熱中症による経口補水療法のすすめ 監修:災害・救急医療におけるORT研究会)

1.作業環境管理

①屋内に熱や水蒸気の発生源がある場合は、除去、縮小化、密閉化し、屋外では日陰を求め、無い場合は作る。空調やスポットクーラーを置き、温度が28℃以上にならないようにする。

②蒸気や熱気などはフードなどで誘導・排気する。

③太陽の熱など輻射熱は断熱材で遮断する。屋内では 窓にフィルター、すだれやブラインドを設置する。

2.作業管理

①作業負担を少なくし、熱い物体や光線から離すか、遮蔽物を設置する。

②休憩は日陰で、風通しの良いところを選び、こまめに取る。

③水分および塩分の補給を計画的におこなう。ナトリウムを含む飲料を摂る。

④とくに発汗が多い場合は、経口補水液を摂取する。⑤服装は、通気性が良い素材の白色系の色を選ぶ。

3.健康管理

①睡眠不足や、下痢、発熱による脱水症状がある場合は作業を控える。

②終業後、多量の発汗をともなう活動を避ける。十分な食事、休養、睡眠をとり、その日のうちに体温を下げる。

③高齢者の場合は、体温調節機能が低下していたり、疾患を有している場合が多いために、個人の体調にあわせた対応が必要。医者への相談も。

働く場所チェックシート

  • 作業・運動の強度や熱源の確認
  • 温度条件(気温、暑さ指数)の確認と実況・予想
  • 涼しい場所(休憩場所・救急対応)の確保
  • その場所でカラダを冷やす用意(水、タオル、団扇、クーラーなど)はあるか?
  • 行動中の休憩・飲料は確保できるか?
  • 近隣の医療機関と搬送体制の確認
  • 近隣の医療機関と搬送体制の確認

出典:環境省 平成25年度熱中症対策に係わる地方自治体等担当者向け講習会資料より

大量の汗をかいたときは経口補水液。飲み始めるときの心得が5つあります。

更新日:2013/07/20

こんな記事もおすすめ!