私たちは、深刻な脱水状態を防ぐことで熱中症で搬送される人をゼロにしたい。

STOP 熱中症 教えて!「かくれ脱水」委員会

かくれ脱水JOURNAL

  • シェア
  • ツイート
  • View137

    より速くなるために オリンピアンの脱水対策

    より速くなるために オリンピアンの脱水対策

    女性トップアスリートは、いかにしてレースに臨むのか? 長く生活や食事改善の観点からアスリートにアドバイスを与えてきた医学博士・本田由佳先生は、トップアスリートのパフォーマンスを支えるものの1つに、脱水対策があると言います。日本代表としてリオオリンピックにも出場したプロサイクリスト・與那嶺恵理さんも、そのアドバイスを受ける一人。トップアスリートは、いかにして自分に合った脱水対策を行いパフォーマンス向上につなげているのか、お二人に答えていただきました。 監修:医学博士 本田由佳 お相手:リオオリンピック・自転車女子ロードレース日本代表 與那嶺恵理

    続きを読む

    より速くなるために オリンピアンの脱水対策

    與那嶺さんの、一番の悩みはレース前後の頻尿だった?

    與那嶺:私、レース中じゃなくてもすごい頻尿で、普通の水を飲むと、1日のトイレに行く回数がすごく増えるんです。ロードレースでは、競技時間がだいたい4時間。その間ずっとロードバイクに乗っています。で、トイレに行くのも、特にトイレのために降りるわけじゃなくて、乗ったままで済ますことも多いのですが、やはり尿意は困ります。かといってトイレを我慢するために、水分を摂らないと脱水になり、パフォーマンスが極端に落ちますし、昨年の世界戦でも、男子の選手がロードレース中に脱水になり、急に痙攣を起こした選手もいました。水分コントロールはロードレースではとても大切なのです。

    本田先生は、脱水との関連を考えた?

    本田:事前に、恵理さんの血液データを泌尿器科の先生にお伝えしたら、腎機能は悪くありませんでしたので、栄養学的な面からのアプローチを考えてみることが必要かなと思いました。

    ロードレーサーの場合、長時間のトレーニングやレースで、汗と一緒にマグネシウムやカリウム、ナトリウムなどのミネラルが多く出てしまいます。脱水に対しては水分とミネラルの補給が必要なのですが、同時に、身体の機能を調整したり、筋肉や骨を作るたんぱく代謝に関わったりと、いろんな意味でマグネシウム・カリウム・ナトリウムは大事なのです。例えばミネラルのうち、マグネシウムやカリウムは、女性の機能を維持するのにも大事。それが慢性的に不足することは、女性アスリートのコンディショニング低下につながる可能性もあるので、避けたいことなのです。

    その改善方法はシンプルな脱水対策、大きな発見でもあった?

    更新日:2018/07/11

    こんな記事もおすすめ!