熱中症と脱水症状に専門家が発信する正しい情報を!隠れ脱水JOURNAL

View1,961

【医療従事者より緊急提言】自分でできる軽度熱中症への対処を必ず覚えてください

続きを読む

医療従事者13名で形成する熱中症・脱水症の啓発団体「教えて!『かくれ脱水』委員会」委員一同より、熱中症シーズンに向けての提言をいたします。

コロナ禍も2年目に突入してしまいました。依然、新型コロナウイルスの感染予防対策をしながら生活をする必要がありますが、気温の上昇とともに、また、感染症予防と併行して熱中症予防を意識しなくてはならない夏がやってきます。特にコロナ禍も2年目に突入した今年は、長引く自粛生活で身体の中の水分を蓄える器官でもある筋肉が衰えて、より脱水症・熱中症にかかりやすくなっている人も多いはずです。また、今年の夏は自粛疲れや慣れにより、外出者が昨年よりも増える可能性があります。

新型コロナ対応に追われる医療機関になるべく負担をかけないよう、各人における熱中症予防リテラシーを高め、予防に努めるべきです。

また、万が一、熱中症になってしまった時の対処法を身に着けておかねば、搬送先のキャパシティが十分でないパンデミック時は、一刻を争う熱中症への処置が遅れ、死亡に至る可能性、後遺症が残ってしまう可能性が高まります。
すべての人が、熱中症の応急処置を把握しておくことで、新型コロナ感染症よりも多い熱中症での死者を減らすことができるはずです。

熱中症で救急搬送されないために知っておくべき応急処置を、「教えて!『かくれ脱水』委員会」副院長 谷口英喜医師より解説します。

新型コロナウイルス感染症と熱中症の症状は区別がつきづらい。

ゆえに、新型コロナウイルス感染が疑われるだけで、受け入れ側は新型コロナ感染者を受け入れる体制を整える必要があります。(防護服着用など)またそれは、“なかなか搬送先が見つからない”という事態を招き、熱中症を重症化させてしまう確率も高まります。

熱中症は、いかに素早く正しい処置をするかが、死亡せずに済むか、後遺症が残らないかの分かれ目です。しかし、今年は新型コロナウイルス感染症患者の受け入れが相次ぎ、搬送できる病院の空きがなく長時間、長い場合は1日以上待たされ、挙句受け入れ先がないケースもあり得ます。熱中症が重症化してしまった状態ですぐに救急処置がなされなければ、死亡率も、脳機能障害などの後遺症が残るリスクもぐっと高まってしまいます。

熱中症の症状(発熱・過呼吸など)は、新型コロナウイルス感染症の症状と非常によく似ています。理由がわからず高熱が出ている場合は新型コロナウイルス感染症を疑い、感染者の搬送として扱われ、一刻を争う熱中症の処置が遅れてしまうリスクにつながります。

暑熱環境にいた、水分をとっていない等、熱中症であることがほぼ確実である場合は、救急担当者に必ず「熱中症になる環境だったので熱中症だと思われる」と伝えましょう。そうすることで、医師の判断への負担軽減につながります。

熱中症で救急搬送されないために備えておくべきモノ

更新日:2021/06/18

こんな記事もおすすめ!