熱中症と脱水症に専門家が発信する正しい情報を!隠れ脱水JOURNAL

View6,448

熱中症で救急搬送されないために備えておくべきモノ

①部屋にエアコンを設置しておきましょう

熱中症になった時には身体を急激に冷やす必要があるので、扇風機だけだと対策として脆弱です。エアコンが故障していないか、今すぐに試運転をして、問題がある場合は修理、買い替え、清掃など、適切な対処をしておきましょう。

②氷嚢(保冷剤、ビニールパックに水を入れて凍らせる、ペットボトルを凍らせるなどでも可)

熱中症になってしまった際、身体の太い血管が走っている箇所を急激に冷やすことで重症化を防ぐことができます。冷凍庫に最低6つの氷嚢(ないしは氷嚢として使用できるもの)を常に凍らせておくといいでしょう。おでこを冷やしても体温を低下させる効果は少ないのでご注意を。

③経口補水液

熱中症は「脱水症」により汗がかけず、身体を自力で冷やすことができずに「高体温」になってしまう症状です。

経口補水液とは、脱水を起こした際に必要になる水と電解質(塩分・糖分・カリウム)が、小腸から効率よく吸収される濃度で配合された飲料です。経口補水液を用いて即座に脱水症を緩和することを「経口補水療法」と呼び、WHO(世界保健機構)においても推奨されている処置です。

お茶や真水だと吸収されづらく、スポーツドリンクは糖分が多めで吸収に負担がかかる場合があります。夏は必ず、冷蔵庫に経口補水液を数本冷やしておきましょう。

熱中症かな?と思ったときの対処法

熱中症の症状:めまい・湿疹・筋肉痛・筋肉の硬直・大量の発汗・頭痛・不快感・吐き気・嘔吐・倦怠感・虚脱感・意識障害・けいれん・手足の運動障害・高体温

熱中症を疑った際は、意識があるかを確認してください。意識がない場合は、とにかくすぐに救急車を呼び、電話口で「熱中症の疑いがある」と伝えましょう。
意識がない場合(救急車を呼んでから)もある場合も、まず第一に、涼しいところに行き、身体を冷やすのが先決です。冷房のかかった屋内、難しい場合は風通しの良い日陰など、とにかく涼しい場所に移動することです。

身体が熱くなってしまったら、衣服やネクタイ、ベルトも緩め、なるべく肌を露出し、そこに冷風をあてたり、団扇で扇ぐなどして冷やしてください。屋外などの暑いところでは、露出した肌に水をかけて扇ぎましょう。

氷嚢やペットボトルなどよく冷えたものがあれば、イラストの箇所(首の頸動脈、わきの下、太ももの付け根。血流を冷やすため、太い血管の箇所を冷やします)を冷やしましょう。
脱水状態で汗をかけていない場合もありますが、汗をかいている場合は気化により体温を冷やすことに役立っているので汗はふかないようにしましょう。

次に、下記の「3トル」をすぐさま行いましょう

更新日:2021/06/18

こんな記事もおすすめ!